真空管アンプ

真空管アンプをキットで作った。

緑のLEDが点灯している白い小さな箱は AirMac Express 。本来は無線LANのルーターなのですが、AirPlay のレシーバーとして使ってます。すでに Apple では製造していないので、ヤフオクとかメルカリとかで入手するしかない。メルカリで2台入手して、1台はメインアンプに有線LANで、この写真のものは無線LANで5〜6m 離れた iMac の iTunes (CatalinaではMusicになるらしいが未アップデート)で音楽を流してます。
iTunes のコントロールは iPhone に入れた Remote と言うアプリでできるので快適です。音も CD と同等に聞こえているはず。(
写真ではiPad にインストールした Remote の画面が写ってます。iPhoneと同じことができるのですが、演奏中の曲を表示するならこちら)

真空管がライトアップされている小さなアンプは雑誌の付録。こちらは華麗な音がします。マイルスデイビスのトランペットを突き抜けるような音で聞きたいとかコルトレーンのサックスを痺れるような音で聞きたいときはこちら。
一方、今回作ったアンプはまろやかな音がして、最もよく聞くJAZZボーカルなら絶対にこちら。ブルースもこちらのアンプなのですが、ロックはどちらだろう。エージング(音慣らし)もまだ済んでいないのでこれから。
amp19.jpg

メインの基盤です。誰でも作れるようにプリント版となっているらしい。でも、抵抗を70個弱、コンデンサーを20個以上をひたすら説明書通りにハンダ付けするのは根気と根性の世界かな。チェックもするし。温度調整のできるハンダゴテを新調してしまった。
74323569_2494928337254808_5586452163632037888_o.jpg

このアンプの人気があるのは、出力段の真空管のバイアス調整を自動的にしてくれること。そのため、真空管の違いによる音の違いを楽しむ人(かなり多いらしい。欧米ではさらに)には嬉しい機能のようです。
パワー管は高いので、お手軽価格の Golden Dragon のプリ管は買っておいた。標準の JJ ブランドのものも評判はよいらしい。エージングが済んでいないのだけれど、交換して聞いてみると JJ ブランドのものは力強く、Golden Dragon はきめ細やかに聞こえる。
72973975_2494928483921460_7712440518222807040_o.jpg

カレンダー

09月 <<2019年10月>> 11月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

カテゴリー

プロフィール

  • Author:vivi_kota
  • 石川県の河北潟
    夫婦で
    バードウォッチングしています。

ブログ検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

QRコード

QR