ステレオ

12月に販売された雑誌付録のアンプキットとその前から売られていた雑誌付録のマークオーディオ製のスピーカーのセットです。スピーカーの箱は音工房zのキット。

メルカリでgetしたAirMac Expressが届いたので、エージングを兼ねてmac のiThunesで音をだしている。繊細で綺麗な中高音と8cmスピーカーとしては考えられない低音が出ている。
このアンプは5Wしかないけれど、どんなスピーカーも1ランク上げるみたい。
そこに評判の良いスピーカーを繋いで、箱は音工房Zがこのスピーカー専用にチューニングしたもので低音を引き出している。

スピーカーもアンプも雑誌ということでアマゾンで予約を受け付けていたけれど、予約の時点で品切れてプレミアム価格になってしまっていた。いずれも探せば定価で売っているけれど、アンプは市場在庫がなくなるのが早そう。
スピーカーは音工房zで1月から同等品を箱のキットと共に売り出すとのことなので、欲しければまだ余裕がある。


amp181230.jpg

河北潟ではありませんが。サカツラガン

サカツラガンがいるとの情報で行くことに。現地では聞いていた情報はすべてNG、地元の方が居なかったら空振りだったでしょう。

まず、全身がわかるカットを。
sakatsuragan181224_1.jpg

縦位置でのカットを。
sakatsuragan181224_2.jpg

雰囲気ありますね。
sakatsuragan181224_3.jpg

少しレタッチした画像を。
sakatsuragan181224_04.jpg

ピントは顔にしたはずなんですけど。
sakatsuragan181224_5.jpg

河北潟ではありませんが。コウノトリ

コウノトリがいると言うので見てきました。現地につくと飛んでしまったと言われたので探すことに。

ノートリなんですよね。
kounotori181210_1.jpg

この警戒心のなさは何でしょう。
kounotori181210_2.jpg

正面顔も。
kounotori181210_3.jpg

足輪がないので、野外繁殖した個体で足輪の装着ができなかったのか、大陸から来たのか? 放鳥前なら大陸産しかいなかったので悩まなかったでしょうけど。
kounotori181210_4.jpg

SS1/160Secです。よく程々に止まりました。
kounotori181210_5.jpg

こちらは別の個体。足輪がついているそうです。
kounotori181210_6.jpg

ハヤブサ

ハヤブサ若に会いました。足輪をしているので県庁育ちの可能性も大きいですね。オオタカも時たま見かけるのですが、レンズを向けるまでもなく飛び去ります。

しかし、ハヤブサが少し多すぎのような気がします。先日もオオハシシギがハヤブサに狩られました。

hayabusa181001.jpg

カレンダー

11月 <<2018年12月>> 01月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

カテゴリー

プロフィール

  • Author:vivi_kota
  • 石川県の河北潟
    夫婦で
    バードウォッチングしています。

ブログ検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

QRコード

QR