マナヅル

午後になってから、ノラ・ジョーンズが聞きたくなってレンタルCD屋さんへ行く途中にコハクチョウがいたので見ていたら、抜けたと思ったマナヅル9羽が降りてきた。観客は1人。

全ては無理。
manaduru171130_2.jpg

こちらに向かってきました。
manazuru171130_1.jpg

既に街灯がついています。
manaduru171130_3.jpg

この後、コハクチョウの中に入る個体も。
manaduru171130_4.jpg

暗いせいか、結構近くまで来ました。
manaduru171130_5.jpg

借りたいCDのうち2枚を他の人が借りてしまっていたので、時間がかかった(5枚借りないと安くならないので、他を物色)。帰りによると、コハクチョウは全て冬水田んぼのねぐらに。マナヅルだけが残っていた。既に、肉眼では見えないので双眼鏡で探した。30分以上9羽全てが首を上げて歩いたり、止まったり。そのうち、見張りを残して羽繕い。更に見ていると、寝てしまった。見張りを別に。

気がつくと、1時間以上経っていて7時に近くなっていた。大急ぎで帰って、ワンコに食事を作った。

p.s.
翌朝、夜明け前に飛ばした人がいるらしい。干拓地で朝食を採って去ってしまった。ねぐらの田んぼには帰ってこなかった。
鳥に慣れていない人が近付かないでほしいものです。

マナヅル

まさかと思いました。マナヅルが9羽。

幼鳥が1羽入っています。たいてい、1羽が見張りをしてます。
manazuru171129_1.jpg

この距離では9羽が画角に入るのはここまで。
manazuru171129_2.jpg

鶴らしい。
manaduru171129_4.jpg

このポーズ、意外と時間が短いです。
manazuru171129_3.jpg

警戒心が強いのか、何かの拍子で飛びだしました。
manaduru171129_5.jpg

近かったので、1羽をファインダーに入れるのが精一杯。猛禽と違って遅いので、かなり追えました。
manaduru171129_6.jpg

複数が撮れたときは逆光でした。この後、全体飛翔も撮ってますが真っ黒。
manaduru171129_7.jpg

抜けたかと思ってこの場を離れたのですが、薄暗くなって戻ってきました。これならと思って、夜になってからコハクチョウのねぐらを見に行ったのですが、入っていませんでした。
manaduru171129_8.jpg

Amazon Music

Amazon Music を聞く時には、5㎝ の小さなやつ。音がかなり出てくる。赤く塗ったサブバッファは、やっぱり黒く塗り直した。
ハイレゾはためしに聴いたが、やはり5㎝のスピーカーがメリハリがあっていい。高音がどこまで出ているかはわからないけど。

右のモニターは Adobe RGB 対応のもの。今ではプリンターがないので sRGB で使ってる。もったいないけど。白色点は D50 のためか、iPhone で撮ると赤くなってる。 iMac も同じなのだけれど。

sp171128.jpg

海岸にて。ミユビシギ

やっとミユビシギの群れに会えました。少し北になります。市内の海岸のほうがナミノリソコエビが多いのですが、いないことが多いです。県庁で毎年ハヤブサが育っていますが、その影響があるのかも。

500羽くらいでしょうか。ハマシギは25羽ほどと少なかった。能美の方に行っているのかも。
miyubishigi171127_1.jpg

サーファーは少なめ。
miyubishigi171127_2.jpg

逆光もの。これはこれで雰囲気ありでしょう。
miyubishigi171127_3.jpg

カレンダー

10月 <<2017年11月>> 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

カテゴリー

プロフィール

  • Author:vivi_kota
  • 石川県の河北潟
    夫婦で
    バードウォッチングしています。

ブログ検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

QRコード

QR