海岸にて。カラシラサギ

これはこの前見た冬羽になりつつある個体ですね。綺麗な繁殖色の個体はいなくなったようです。

アオサギより小さい、ってあたりまえか。
karashirasagi170731_1.jpg

捕食してます。少しハイトーンを抑えすぎたかな。
karashirasagi170731_2.jpg

餌取りダンスの途中です。羽を広げるシーンはなかった。
karashirasagi170731_5.jpg

こんなに餌採りがうまいのに絶滅危惧種。営巣地とか環境の問題かなぁ。
karashirsagi170731_4.jpg

少し図鑑風。直射日光が当って少し苦しい。
karashirasagi170731_6.jpg

海岸にて。カラシラサギ

一昨日、神さんが入院して昨日は8時間も病院に詰めていた。チワワン娘は年になって注射器みたいなポンプでないと食事をしなくなったりして、ワンコの世話にも時間がかかる。

午後には病院へ行かなくてはならないし、ガン治療中のゴル娘の検査に獣医へも行かなければならないのであまり出かけてる時間はないけれど、30分弱で行けるので午前中にカラシラサギがまだいるか覗いてきました。

現場についてからすぐ見つけたのですが、40分ほどこの場所で羽繕いなどマッタリしていた。ダイサギが来て飛んでも我知らず。
karashirasagi170727_1.jpg

カラシラサギの餌取りダンスをと思ったのですが、少し近すぎでした。横に飛び出す動作についていけません。
karashirasagi170727_2.jpg

魚は捕りました。
karashirasagi170727_3.jpg

やはり、綺麗な婚姻色ですね。
karashirasagi170727_4.jpg

餌取りダンスを再びと思ったのですが、やはり近すぎ。
karashirasagi170727_05.jpg

河北潟ではありませんが。アオバズク

午後に神さんがICUから病室に移ったと聞いて病院へ行ったのですが、長居をする状態ではなかったので兼六園のアオバズクを見に行ってきました。
以前から新聞等でも報道されていたのですが、タイミングが取れないのと駐車料金が癪で延ばし延ばしになっていました。

現場につくとカメラを構えた人がいない。昨日も来たという人に聞くと朝はいたらしいが、今はいないと。横に回って探すと親2羽が見えたので廻りの人に教えていた。そのうち、毎日観察している人が来て、裏手から雛が見えると。
左上に写っているのは2羽の雛、計3羽が巣立ったようです。午前中はもう少し抜けた所にいたそうな。
aobazuku170727_1.jpg

親鳥のうち、1羽は抜けた所に。ゴル娘を獣医に連れて行くために早々に退散です。
aobazuku170727_2.jpg

海岸にて。カラシラサギ

かなり離れた場所でカラシラサギを見つけました。いてくれてよかった。

いたのはこんな場所。最初はこの岸の影で魚を取っていました。
karashirasagi170724_2.jpg

時々、対岸に渡ります。ダイサギよりかなり小さいです。
karashirasagi1707824_4.jpg

たまにこちら側に来るのですが、
karashirasagi170724_6.jpg

再び対岸へ渡ります。
karashirasagi170724_3.jpg

綺麗な婚姻色です。後から行った人から見つからないと連絡が、戻ってみたところいない。更に数時間たった後に戻ったようです。その後は、少し北の場所に移ったとか。
karashirasagi170724_7.jpg

カレンダー

06月 <<2017年07月>> 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

カテゴリー

プロフィール

  • Author:vivi_kota
  • 石川県の河北潟
    夫婦で
    バードウォッチングしています。

ブログ検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

QRコード

QR