コハクチョウ

コハクチョウは1羽増えて7羽に変わっていました。成鳥は4羽(+2羽)、幼鳥は3羽(−1羽)です。

kohakuchyou151029.jpg

スポンサーサイト

海岸にて。ミユビシギ

昨日はシギ・チドリ調査交流会へ出席したのですが、今日の午前中はエスカレーションとしてミユビシギ・ハマシギの群れを見ることとナミノリソコエビの状況を観察する日になりました。

私が先行してミユビシギ・ハマシギの群れを探し、場所をもう一人の方に伝えることで皆さんを案内しています。
miyubishigi151025_4.jpg

海は少し荒れていました。
miyubishigi151025_3.jpg

400羽+の群れでしたが、ミユビシギのほうが多かったです。
miyubishigi151025_2.jpg

ナミノリソコエビはここより別の場所のほうが密度が濃かったのですが、最近はこの辺りで採餌しています。理由がわかりません。
miyubishigi151025_1.jpg

上記写真は皆さんが来る前に撮ったものです。皆さんが来られた時もゆっくり観察できましたが、最後にはハヤブサが現れて消えてしまいました。


抜糸

脾臓摘出をしてから1週間、抜糸に獣医さんに来ました。以前、ゴル娘は待合室の人や看護師さんに逢えるため喜んできたのですが、最近は帰ろうとします。でも、ドアの前に立って人の話し声が聞こえてくれば喜んで入っていくのがおかしいです。

獣医さんに来ると不安になるのか甘えてきます。外で順番を待っているのですが、待合室でこれをやって笑われたことも。
S__2777112s.jpg

舳倉島にて。チフチャフ

藪の中でチョロチョロといるのはわかるのですが、抜けたところは全力で通り抜ける。止まってもファインダーに入れて、ピントを合わせて、シャッターを切る時間はまず無い。1日は2時間も張り付いてました。2日目も1時間ほど張り付いたのですが、頭だけ、お尻、嘴が被ってる、足が見えないなんてことを繰り返していました。3日目にも1時間位張り付いていました。

で、撮れたのがこのカット。ライファーかと思ったのですが、2013年の春に撮ってました。ということで、今回はライファーなしです。
20151020_舳倉島_1059s

舳倉島にて。シラガホオジロ

シラガホオジロは3羽いました。

頭に白い部分が殆ど無い♂と、
20151020_舳倉島_0976s

頭に白い部分がハッキリと残っている♂は海岸側の岩場で撮ることができました。
20151020_舳倉島_0932s

もう1羽は岩場では撮れなかったのですが、初日に民宿近くで撮っていました。尾羽根のない♀です。
20151018_舳倉島_0042s

できもの

春に獣医さんが「そろそろエコー検査をした方がいいですよ」と言われて、ゴル娘の検査をしたところ脾臓に6mmの腫瘍が見つかりました。涼しくなるのを待って脾臓を摘出することにしました。明日、15日が手術日です。もちろん入院、普通は翌日に退院です。人間だったら1泊2 日なんてことはなさそうですね。

良性か悪性かは生検に出してからですが、肝臓に転移は認められないとのことでした。
echo151014.jpg

カレンダー

09月 <<2015年10月>> 11月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

カテゴリー

プロフィール

  • Author:vivi_kota
  • 石川県の河北潟
    夫婦で
    バードウォッチングしています。

ブログ検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。