なかなかスタイルがいいです。オバシギ5羽は健在でした。他にトウネン19、ミユビシギ18、ソリハシシギ1、シロチドリは市内の海岸で36と多目です。

isoshigi150831.jpg

スポンサーサイト

河北潟ではありませんが。エリマキシギ

河北潟近辺には遊水田が全くありません。しかたがないので少し遠いのですがシギチ探しに行ってきました。

現地についてすぐエリマキシギ1羽に会いました。
erimakishigi150826_1.jpg

飛んだので道を隔てた別の遊水田へ行ってみると3羽がいました(右端もエリマキシギです)。この地区に4羽いました。
erimakishigi20150826_2.jpg

飛んだわけではありません。
erimakishigi20150826_4.jpg

♀の幼鳥がどんどん近づいてきました。なんとか収まりました。
erimakishigi20150826_3.jpg

これもいいかな。
erimakishigi150826_3.jpg

ツバメのねぐら入り

今日はツバメのねぐら入りを見る探鳥会でした。昨日も場所が変わっていないか確認してますが、実際に来てくれるまでは気が気ではありません。

少し流し撮り(汗)。この後は皆さんへの説明やツバメが来た方向などを教えたり、スコープで葦に止まったツバメを見せたり...
tsybame1508222.jpg

ツバメのねぐら入り

8月12日にツバメのねぐら入りの状況を軽い気持ちで見に行ったのですが、7月末にねぐら入りがあった場所には1羽も来ない。昨日までねぐら入りのポイントを探していました。時には4人で連絡をしながら。
やっと定まったので昼間に草を刈り、場所を整備しました。疲れました。ねぐら入りの場所が今までの中で一番近いので迫力がとってもあります。

今にも雨が降りそうで暗かったです。
tsubame20150820.jpg

河北潟ではありませんが。チュウヒ

チュウヒが身を翻して田圃に飛び込んだので見ていたところ...

ネズミを掴んで飛び出してきました。
chyuhi150811_1.jpg

その後、別の田圃の畦に降りたようで見に行くと...お食事中でした。
chyuhi150811_2.jpg

足輪を付けています。バンディングしたと思われる方に画像を送りました。写真だけでは同定はできない。初列風切7枚目まで換羽中の1年目の亜成鳥だろうとのことです。

チュウヒ

最近、干拓地内でチュウヒによく逢います。きっと子育て中でしょう。

chyuhi150801_1.jpg

chyuhi150801_2.jpg

チュウヒの保護活動をされている方が嘆いていました。
チュウヒのヒナ(幼鳥)を撮ろうとしている人がいる。親はそんな人がいると警戒してヒナに餌を渡さない(時にはなかなか)。ヒナが餌を欲しがっているのは十分にわかり、餌不足になりかねないと。いくらブラインドを張っても猛禽であるチュウヒは気がついているし、時にはあまりにも非常識に日除けに派手なパラソルを開いている人がいると。(河北潟とは限りません)

カレンダー

07月 <<2015年08月>> 09月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

カテゴリー

プロフィール

  • Author:vivi_kota
  • 石川県の河北潟
    夫婦で
    バードウォッチングしています。

ブログ検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。