海岸にて。ミユビシギ

家から最短(5分)の海岸にミユビシギの群れがいました。ハマシギも80羽ほど、トウネンも数羽混じってました。

今日は横に長く伸びていました。
miyubishigi141030_1.jpg

餌探しが忙しいようでしたのですぐお別れしました。
miyubishigi141030_2.jpg

スポンサーサイト

海岸にて。コオバシギ

コオバシギがいました。今年はお初です。

50mくらいの間を行ったり来たり、少しも休まず餌探しでした。
koobashigi141023_1.jpg

少し暗かったので被写体ブレの連続でしたが、少しだけ見れるものありでした。
koobashigi141023_2.jpg

この色合は初めて見ます。普通の夏羽に比べたら背中と足が黒い、図鑑によると post-breeding が近いようです。でも足の色は黒くなかったですが。
koobashigi141023_3.jpg

ヒシクイ

コハクチョウが来ていないか見てきたのですが、いない。北陸中日新聞に水張り田圃には1万8千円の奨励金を津幡町が出すとあったのですが、これに呼応する農家はいないのかな。と思って改めて記事を見ると開始は11月からみたい。
台風19号の雨で水がたまる田圃ができればコハクチョウが羽を休めるかも。

ヒシクイがいました。マガンもオナガガモも。
hishikui141013_1.jpg

少し飛び回りました。
hishikui141013_2.jpg

ヒシクイは5羽です。
hishikui141013_3.jpg

河北潟ではありませんが。ハイイロオウチュウ

海岸についてミユビシギの群れを探そうとしていた時に、探鳥会に参加していた人からハイイロオウチュウがいると連絡を受けたので見に行ってきました。

気に入った枯れ枝をベースに虫を飛んで捉えていました。遠いためかげろうでピントのこないカットが多かったのですが、たまに比較的近くに来たものをトリミングしています。
haiiriouchyu141012_1.jpg

可愛いです。遠くから見ると目の周りの白い部分が目立ちます。
haiiroouchyu141012_2.jpg

背中越し。
haiiriouchyu141012_3.jpg

尾羽根の片側が欠損しているようです。舳倉島にいた個体は揃っていたとのことですから違う個体なのでしょうね。
haiiriouchyu141012_4.jpg

おまけ
haiiriouchyu141012_5.jpg

もう一つおまけ
haiiriouchyu141012_6.jpg

カレンダー

09月 <<2014年10月>> 11月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

カテゴリー

プロフィール

  • Author:vivi_kota
  • 石川県の河北潟
    夫婦で
    バードウォッチングしています。

ブログ検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。