谷津干潟にて。セイタカシギ

27日に谷津干潟で行われた「モニタリングサイト1000ガンカモ類調査 交流会」へ行って来ました。全国的にはマガモなどの水面採食ガモが減り、キンクロハジロ等の潜水ガモが増えているそうです。その他、東京湾周りではマガンが見られなくなったことや芝浦アイランドでのカルガモの人工営巣地を作る「カルガモプロジェクト」等面白い話を聞いてきました。


観察センターは広かったです。しかもレストラン有り。さすがに大都市近郊の設備です。

yatsu110227_1.jpg


センター前にはセイタカシギがいました。
ここはセイタカシギが繁殖することで有名です。多いときは60羽、この時期は15羽程と言う事でした。
京成谷津駅からセンターまで来る間に13羽のセイタカシギを見ました。

seitakashigi110227_2.jpg


5羽程がセンター脇に来たのですが、突然一羽が水に沈められたのです。
何だろう、邪魔だったのかな。

seitakashigi110227_3.jpg

もう一枚追加します。

seitakashigi110228_30.jpg

セイタカシギは、繁殖後約1年間は親とその子供たちのファミリーで行動します。
ですが、次の年の繁殖期前の時期になると、親鳥達は新たな繁殖を行うために、前年の子供たちを自分たちのそばから追い払ってしまうようです。 ・・・レンジャーさんより。納得ですね。


散策路で撮ってます。
センターからはガラス越しなのですが、ガラスがないところでも近くで見れました。

seitakashigi110227_1.jpg



数人の方がこんな感じで掃除してます。夏場になるとアオコが繁殖して大変なのだとか。

yatsu110227_2

千葉のお寺で。アカツクシガモ

28日はホテルから遠くないお寺の池に行ってみました。アカツクシガモがいると聞いたので。
池に着いたところ、それらしき姿はなかったのですが、突然飛び込んできました。
時々谷津干潟にも飛んで行くそうです。どこかで飼われていたらしいです。

akatsukusigamo110301_1.jpg

葛西臨海公園にて。トラツグミ

同じ京葉線沿線の葛西臨海公園にも行ってみました。雨の中1時間は探したのですが目的の鳥には会えませんでした。バーダーさんがたくさん集まっているはずが、私一人でした。雨が霙っぽくなって来たので諦めです。

kasairinnkaikouenn110301.jpg

トラツグミがいるのに気が付きました。

toratsugumi110301_1.jpg

しゃがんでいるとこちらに近づいてきました。

toratsugumi110301_2.jpg

適当なところで戻っていったのですが。

toratsugumi110301_3.jpg

カレンダー

01月 <<2011年02月>> 03月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

カテゴリー

プロフィール

  • Author:vivi_kota
  • 石川県の河北潟
    夫婦で
    バードウォッチングしています。

ブログ検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

QRコード

QR