河北潟ではありませんが。サシバ

今日は探鳥会として福井県境のお山へタカの渡りを見てきました。白樺峠ほどのタカが飛ぶわけではありませんが、サシバとツミのバトルなど、そこそこ楽しめました。

タカの渡りは普通は遠いので双眼鏡やスコープで見ていることが多いのですが、近くを飛ぶサシバがいました。

sashiba100926.jpg

海岸にて。ヘラシギ

今日は海岸へヘラシギを探しに行きました。昨日、午前中にヘラシギを見た方がいたので探してみたのですが、空振りでした。
知り合いの方を昨日のトウネンの群れがいた場所へ案内して探すと、「あれは?」と思ったら、一緒に行かれた奥様が「いた!」と無事発見です。

見つけたときにはこんな場所に潜んでいました。

herashigi100920_1.jpg

夕方近くにこの場所に戻ると別に場所に。曇っていて暗かったのでハヤブサも来ないと思ったのでしょうか。

herashigi100920_2.jpg

波打ち際にも行ってくれたのですが、また草付きへ戻ってしまいました。

herashigi100920_3.jpg

海岸にて。ハヤブサ

今日も海岸と河北潟へ行って来ました。海岸は市内だけで終わりとしています。

「最近、ハヤブサに会わないね」なんて言っていると、いきなりハヤブサに会いました。言霊でしょうか。
何時もそうならいい鳥見が出来るんでしょうけど。

撮ろうとしたらカラスが飛ばしました。ハヤブサが追いかけているようですが、カラスはもう1羽いて2羽でハヤブサを追いかけていました。

hayabusa100919_1.jpg

都合4回もハヤブサが飛んでいるところを見ています。

hayabusa100919_2.jpg

恐らく全てこのハヤブサ幼鳥と思っているのですが。

hayabusa100919_3.jpg

海岸にて。チュウシャクシギ

今日から連休ですね。今日は海岸を回ってから河北潟へ行ってみました。やはりトウネンやメダイチドリは少なかったです。

海岸の砂丘にチュウシャクシギがいました。後から聞くとこの辺りにホウロクシギもいたそうな。
なんか、チュウシャクシギに似合わない場所です。

chusyakushigi100918.jpg

海岸にて。ケリ

ウミネコに混じってケリがいました。ケリは田んぼにいるものと思っている我々はビックリ。
後で野鳥保護連盟の方と会ったのですが、やはり海岸にいるのは珍しいとのこと。

keri100918_3.jpg

5羽見たのですが、野鳥保護連盟の方は8羽見たそうです。
優しい目付きをしてるので幼鳥らしいです。

keri100918_1.jpg

この後、飛んでウミネコの群れの中へ。

keri100918_2.jpg

海岸にて。キョウジョシギ

今日は午後から休みだったので海岸を見てきました。
トウネンが激減しており、メダイチドリを含め他のシギチも少なかったです。でも今季初のシギに会うことはできました。

トウネンが大抵いるポイントなんですが全くいません。キョウジョシギに会わなければここでは坊主でした。

kyoujyoshigi100915_1.jpg

キョウジョシギは5羽いました。

kyoujyoshigi100915_2.jpg

9月5日にヒメハマシギを掲載しました。

河北潟ではありませんが。クロサギ

昨晩は氷見の民宿で宴会をし、数年ぶりに会った人もありなかなか楽しかったです。残念がらこの季節では寒ブリはありません。紅ズワイが解禁のはずなので食卓に上がるかと思ったのですがこちらも無し。チョット残念。
今朝は能登半島を横断して帰ってきました。ついでに何時もとは逆の方向に海岸を見ながら。


朝食は何時かと聞いたら8時と言われました。後1時間もあったので海岸へ行きました。
海岸へ着いた途端、こちらへ向かってくる鳥が1羽。クロサギです。

kurosagi100911_1.jpg

座って見ていると魚をGET。

kurosagi100911_2.jpg

お食事後はこちらに近づいてくれました。富山のクロサギはフレンドリーですね。

kurosagi100911_3.jpg

海岸にて。サルハマシギ

石川県の海岸へでました。よく行く海岸です。トウネンがいるなぁ、と思ったらチョト雰囲気の違うシギがいました。サルハマシギの幼鳥です。

saruhamashigi100911_0.jpg

警戒心はトウネンと同じくらいです。待っていると近くに来てくれました。

saruhamashigi100911_1.jpg

動き出すと餌を漁ってなかなか顔を上げてくれないのですが、人が来るとトットと歩き始めます。

saruhamashigi100911_2.jpg

チュウサギ

今日は目医者に行くため休暇を取りました。お昼頃には終わったので、我が家からは少し離れている休耕田を見に行ってきました。その後、海岸を覗いてからワンコの散歩をして、昔の仕事仲間との泊まりこみ宴会のため氷見へ。

行く時に通った河北潟ではチュウサギが比較的近くに来てくれました。
そろそろお別れかな。

chusagi100910.jpg

河北潟ではありませんが。オグロシギ

休耕田に着くとすぐにこの2羽が目に入りました。オグロシギです。
河北潟にもいたし、かなりの数のオグロシギが入って来たんですね。

oguroshigi100910_2.jpg

とっても愛想良し、ファインダーに入りきらないこともありました。

oguroshigi100910_3.jpg

太い、これはミミズですかね。
歯が見えています。

oguroshigi100910_4.jpg

河北潟ではありませんが。キリアイ

今日は近くの海岸でシギチ目的の探鳥会がありました。
探鳥会の始まる前に確認していたポイントに皆さんを連れていくと、バイクがエリマキシギとオバシギを飛ばしてしまいました。「ア~!」と思ったのですが、しばらくすると戻ってくれてので良かった。トウネンやキアシシギなどを見てから場所を移動して、メダイチドリなどを見てきました。

探鳥会が終了してから、「ヒメハマシギがいるから行こう」とのことでプチ遠征。石川県内ですが。


「トウネンの中に混じっていて、嘴が長い」と聞いていたので、探すと「いた!」と思ったのですが、キリアイでした。

kiriai100905_1.jpg

キリアイですね。やっぱり。

kiriai100905_2.jpg

河北潟ではありませんが。ヒメハマシギ

トウネンの群れはあっちの田んぼに行ったり、こっちへ来たりで、その度に双眼鏡やスコープで探していました。

「いた!」やっと発見です。もちろん初見。

himehamashigi100905_1.jpg

ハマシギみたいな嘴のトウネンですね。

himehamashigi100905_2.jpg

トウネンと較べて、嘴が長いです。トウネンより少し大きいみたいですが、1枚目の通り遠くで見たら大きさはよくわかりません。

himehamashigi100905_3.jpg

9月17日掲載

カレンダー

08月 <<2010年09月>> 10月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

カテゴリー

プロフィール

  • Author:vivi_kota
  • 石川県の河北潟
    夫婦で
    バードウォッチングしています。

ブログ検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

QRコード

QR