コハクチョウ

今日は河北潟周りの田んぼを通って公園に行ってきました。公園ではシジュウカラとウグイスくらいにしか会えなかったので早々に帰宅しました。その後4時過ぎに海岸を覗いてきました。


先週から来ているコハクチョウがいました。幼鳥3羽を含んだ10羽です。この後、寒くなったら増えるでしょうね。冬は間近です。

二番穂が出た田んぼで餌を啄んでいましたが、時には体操もしてました。

kohakutyou091031_1.jpg

kohakutyou091031_2.jpg

kohakutyou091031_3.jpg

タゲリ

タゲリもいました。今期初確認です。
私が見たときは15羽程度でしたが、その後、30数羽、100羽を超えていたとか、会った時が遅くなるほど増えていたようです。
一昨年、昨年の白いタゲリは居ませんでした。これから来ればいいのですが。

tageri091031_1.jpg

メタリックな羽を見ないといけないですね。

tageri091031_2.jpg

結構せわしなく飛んでいました。

tageri091031_3.jpg

海岸にて。ミユビシギ

海岸へ行くと富山のバーダーさんがいました。「いますか?」と聞くと「いる」とのご返事。さっそく探すといました。
1,000羽を越すミユビシギとハマシギです。ハマシギは1/3程でした。

miyubishigi0931_1.jpg

波に追われて一斉に砂地へ来る姿は可愛いものです。

miyubishigi0931_2.jpg

少し上から見るとこんな感じ。

miyubishigi0931_3.jpg

何かに驚いたのですね。

miyubishigi0931_4.jpg

時にはこちらにも来てくれました。

miyubishigi0931_5.jpg

もう少し早い時間に来れば、色合い良く撮れたのですが。

miyubishigi0931_6.jpg

30分も経てばこんな感じに。

miyubishigi0931_7.jpg

でも、走っています。

miyubishigi0931_8.jpg

今度は競争かな。

miyubishigi0931_9.jpg

舳倉島にて。ジョウビタキ

24日、25日と舳倉島に行ってきました。
23日から舳倉島・七ツ島自然環境調査団の方たちが来ており、動植物や島の環境などを調査していました。鳥については定点での鳥の観測をしていたようです。また、野鳥の大敵である野良猫を捕獲して♂の避妊手術や♀を輪島に連れ帰って避妊手術を施すとのことでした。このことは地元の新聞に連載されています。

ジョウビタキ、ミヤマホウジロ、アトリ、キクイタダキ、ミヤマガラスの群れに出会っただけではなく珍しい鳥3種に会いました。もちろん初見(業界用語?ではライファーと言うんでしょうが)です。


24日は至る所でジョウビタキに会いました。しかし、25日になると突然少なくなったのが印象に残りました。本土に渡ったのでしょうね、

jyoubitaki20091024_01.jpg

こちらは♀さん。♀の方に多く会ったような気がします。

jyoubitaki20091024_02.jpg

舳倉島にて。キクイタダキ

キクイタダキも沢山いました。こんなに近くでこの小さな鳥を見るのは初めてです。

kikuitadaki20091024_01.jpg

猫に襲われるかもしれない低い草の葉の裏を一生懸命つついていました。小さな虫がいたんでしょうか。
疲れた体に体力を付けるためでしょうが、舳倉島ならではの光景でしょうか。

kikuitadaki20091025_01.jpg

水浴びをする光景も見れました。

kikuitadaki20091025_021.jpg

海岸にて。ハマシギ

昨夜、ビートルズのリマスター版を発注してしまいました。アマゾンを覗いたら輸入版が国内版定価より12,000円以上も安かったので、ついプチっと。ビートルズのCDは全て持っているのですが、リマスター版はダイナミックレンジが広がり音も良いとのこと。さらに、ビートルズはモノラル版であっても将来を見越してステレオ録音したマスターがあり、これらはステレオ版でリマスターされているそうです。早く聞きたいものです。

お昼頃に海岸へ行ってきました。ミユビシギが来てないかを見に行ったのですが、いません。代わりにハマシギが85羽がいました。例年ならミユビシギの群れが現れ、その後にハマシギの群れが来ると聞いているのですがミユビシギが現れていません。
他にトウネンが少しとシロチドリ2羽に会いましたが、寂しい海岸でした。

初めは波打ち際にいたのですが、陸に移ってしまいました。お腹が白くなっていますね。

hamashigi091017_1.jpg

飛んで

hamashigi091017_2.jpg

こちらに向かってきて

hamashigi091017_3.jpg

ターンしました。

hamashigi091017_4.jpg

ノスリ

プチ遠征をしようとしていたのですが、昨日の草刈りの後遺症で中止して河北潟と海岸へ行ってきました。


干拓地に入ってすぐノスリが空を飛んでいるのに気が付きました。先週にも見かけていたで今日は証拠写真をと思って1枚。これから沢山のノスリに会えるでしょうね。
2羽のチョウゲンボウにも会っていますが、気が付くのが遅すぎて写真は撮れませんでした。

nosuri091112.jpg

マガン

干拓地周りの田んぼを覗くとマガンがいました。たった3羽でしたが今期初めて会いました。
コハクチョウはまだここには来ていないようです。

magan091012_1.jpg

こちらは幼鳥ですね。上の成鳥から300mほど離れた別の田んぼにいました。
見ていると身をかがめて隠れてしまいました。なんとか見つけることができました。

magan091012_2.jpg

河北潟ではありませんが。オオルリ

昨日は我が家のチワワンを爺さん、婆さんとする一族の集まりがありました。朝は雨が降ったので我が屋に集合したのですが、そのうち晴れて丘にある公園へ。チワワ13匹とゴールデン(ゴル娘)1匹、そして人間は10名。公園は貸し切り状態、お弁当とケーキであれこれ過ごしました。
この公園は手入れが良いのにあまり知られていない素晴らしい公園です。

今日は定例探鳥会でいつもの公園へ行きました。探鳥会の後、公園で作ったカレーを食べて観察舎周りの草刈り。今回から主な部分はシルバーバンクに頼んでいたので比較的短時間で済みました。
その後、公園の水場へ行って神さんが迎えに戻るのを待っていました。神さんにカメラを持ってきてもらいしばらくオオルリの綺麗なブルーを待っていたのですが、来ても木の葉被り。カメラのない時には何回か現れたのに。

♂の幼鳥です。

oruri091011_11.jpg

こちらも♂の幼鳥。中々可愛いですね。

oruri091011_21.jpg

河北潟ではありませんが。オオルリ

神さんは近所の女の子のバレエの発表会を見に金沢へ。私はワンコを散歩させてから、お昼前に河北潟でシギチを探しに行ったのですが全くいませんでした。(帰りに寄った時にはツルシギ2羽、タカブシギ6羽がいたのですが)
仕方が無いので、9月の20日過ぎにもうオオルリやキビタキが来ていると聞いていた場所へ行ってきました。ここは今後の日曜日に定例探鳥会が行われる場所ですが、下調べも兼ねて行くことに。


ブルーの綺麗なオオルリに会えたら帰ろうと思っていたのですが、会えませんでした。
この子は♂の若さんですね。

ooruri091004_1.jpg

こちらも♂の若さん。

ooruri091004_2.jpg

♀さんはいい所に止まってくれました。

ooruri091004_3.jpg

河北潟ではありませんが。サメビタキ

オオルリが現れるのを待っている間にサメビタキが良く来ました。
2羽がこの枝に互いに止まったのです。居なくなってもしばらくすると必ずここに来ました。よっぽど気に入ったようです。

samebitaki091004_1.jpg

同じ枝なのですが、少し違う方向から撮ってます。
(逆光だったのですが適当に明るくしました)

samebitaki091004_2.jpg

チュウヒ

今日はいつもより1時間ほど早く家を出ました。と言っても昼近く。河北潟へ行ってから海岸を覗きましたが、いずれもシギチがとても少なかったです。早々に引き揚げ散髪へ行ってきました。

チュウヒが飛んでいました。近くへ来てくれないかと思っていたのですが、相は行きませんでした。
昨日のNHKではチュウヒは全国で100羽程度(おそらく国内で生まれたチュウヒのことと思います。冬はよく見れますから)、営巣場所は10ヶ所と紹介していました。番組では三重県の干拓地の1コマでしたがこの干拓地が整備されチュウヒも含めた野鳥が生息する場所が極端に狭くなるそうです。整備もその半分以上は利用が決まっていないとか。

chyuhi091003.jpg

カレンダー

09月 <<2009年10月>> 11月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

カテゴリー

プロフィール

  • Author:vivi_kota
  • 石川県の河北潟
    夫婦で
    バードウォッチングしています。

ブログ検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

QRコード

QR