河北潟ではありませんが。キョウジョシギ

朝9時過ぎに近くの海岸へ行ったのですが、60~70羽程のトウネンを見ただけでした。
我が家から30分程度の所に、昨日キリアイが居たというので「ひょっとしたら」なんて勝手に考えて行ったのですが、いませんでした。でも、他に色々会うことができました。

最初に会ったのはキョウジョシギです。しゃがんで待っていたらかなり近くまで来てくれました。石や海藻をひっくり返していなかったので、最初はキョウジョシギとは思いませんでした。

kyoujyoshigi090830_1.jpg

近づいてきました。5月に来た時よりかなりシックです。図鑑を見ると第1回冬羽(あるいは幼鳥?)のようです。

kyoujyoshigi090830_3.jpg

見返り美人というわけではありませんが、チラッと振り返りました。

kyoujyoshigi090830_5.jpg

河北潟ではありませんが。オバシギ

オバシギもいました。気が付かなかったのですが、もう1羽居たのです。飛ばれて気がつきました。この子も幼鳥のようです。

obashigi080930_1.jpg

オバシギは今日見たシギチの中で最も大きいシギです。少し遠かったので写真は小さいのですが、遠くからでも双眼鏡で存在が良くわかりました。

obashigi080930_2.jpg

河北潟ではありませんが。ヒバリシギ

キリアイとともにヒバリシギも居たと聞いていたので、「運が良ければ」と思っていたのですが、こちらはヒット。

hibarishigi090830_1.jpg

ヒバリシギは小さいですね。トウネンと同じくらいかと思っていたのですが、図鑑ではヒバリシギのほうが0.5cm小さいのですか。

hibarishigi090830_2.jpg

かなり久しぶりです。会えてよかった。

hibarishigi090830_3.jpg

海岸にて。カラシラサギ

お盆を過ぎると朝晩が涼しくなってきました。シギチが来ているかと海岸へ行ったのですが、トウネンの20数羽と60数羽の群れがいるくらいでした。
何か来ているのでは、と少し足を伸ばしました。

カラシラサギがいました。先々週、探して会えなかったカラシラサギに少し離れた場所で会えました。まだ居てくれたんですね、ラッキーです。

karashirasagi090829_1.jpg

あまり愛想良しではありませんでした。以前に聞いた時にはとてもフレンドリーと聞いていたのですが。学習したのですね、きっと。

karashirasagi090829_2.jpg

犬を散歩に連れてきた方がいて、飛んで行ってしまいました。もう少しいろいろ撮りたかったのですが。

karashirasagi090829_3.jpg


海岸にて。ミユビシギ

ミユビシギが100羽程度いました。昨日は61羽でしたので増えたのか、仲間が戻ったのかでしょうね。今後も増えてくれると思うのですが。

miyubishigi090823_1.jpg

逆光で。向きを変えているのですが良く分からないですね。

miyubishigi090823_2.jpg

横一線に並んでいるのですが、近すぎたので一部になってしまいました。波に追われて戻るところです。

miyubishigi090823_3.jpg

ツバメ

帰宅後にツバメの塒(ねぐら)入りを見てきました。何万羽のツバメが暗くなると集まってきます。明るかったらツバメで空が暗くなるかもしれません。
3日前、この場所には1羽のツバメもいなかったのです。別の場所をずいぶん探しました。

この芦原に日没とともにツバメが入ります。ここをねぐらとするんですね。

tsubame090820_1.jpg

広角レンズで撮るとこんな感じです。クリックしてみてください。小さなゴミのような点が全てツバメです。
このツバメが目の前の芦原に飛び込むんです。この迫力はいつも感動してしまいます。

tsubame090820_2.jpg

少しズームアップしました。上の写真の点がツバメだとわかります?よね。

tsubame090820_3.jpg

今度の土曜日(22日)に日本野鳥の会、日曜日(23日)に森の都愛鳥会でツバメの塒入りを見る会がありますので、ツバメの塒入り見たことが無い方は参加されるといいですよ。

こんな場所でツバメの塒入りを撮ろうと思ったのですが、
2日前にはいませんでした。
4日前にはいたのですが。
tsubame090818_1.jpg

海岸にて。ソリハシシギ

今日はお盆休みの最後の日でした。昨日の海は人が一杯だろうと思って行かなかったのですが、今日なら少しは少なくなっているだろうと思って海岸へ行ってきました。おそらく、ある程度少なかったと思います。


ソリハシシギがいました。なかなか近くには寄れない撮れなのですが、ほんの少し愛想が良かったです。でも、結構トリミングしています。

sorihasishigi090817_1.jpg

なんとなく良い雰囲気では?
このミユビシギと一緒にいたんです。ソリハシシギの後をトコトコとミユビシギが付いて行ったり、ソリハシシギが飛べばミユビシギも後を追って飛んでいました。

sorihasishigi090817_2.jpg

ヨシゴイ

「天気が悪いから」とか言ってサボっていた芝刈りが待ったなしなのですが、ヨシゴイに会いに行ってきました。
帰宅してから、芝刈り機を動かしている目の前でゴル娘が穴を掘り始め、チワワン母がその穴にスッポリ嵌まって涼んでます。おかげで庭はデコボコ、2年前の緑の絨毯は甦りそうにない。

ヨシゴイが現れるのを待っていると、「ココにいるよ」言われて見ると背の高い葦の中に。不安定な折りたたみ椅子に乗って何とか撮れました。おかげでワンコの散歩と芝刈りができ、神さんに怒られずに済みました。

yoshigoi090814.jpg

河北潟ではありませんが。ライチョウ

今日は乗鞍に行ってきました。4,700円でお弁当付きの日帰りバスツアーです。ほんの少しパラつきましたが、傘をさす程でもありませんでした。
目的はライチョウ、ホシガラス、イワヒバリ、カヤクグリ。でも、ホシガラスには会えず、カヤクグリは声だけ。来年、立山でリベンジかな。

初めは現地のレンジャーに居そうな場所を聞いたのですが、空振り。スゴスゴ戻ってくると花が揺れています。そのままじっと見ていると、高山植物の間からこの子が現われました。
かなり大きかったので、最初は成鳥かとも思ったのです。でも幼鳥でした。後で現れた親と比べると小さかったです。

raichou090809_1.jpg

周りをよく見ると、お母さんが現われて石の上で見張りを始めました。

raichou090809_2.jpg

中には可愛らしい感じの幼鳥も。幼鳥は3~4羽いたようですが、かくれんぼしていたので正確にはわかりません。(左上の影はお母さんです)

raichou090809_3.jpg

河北潟ではありませんが。イワヒバリ

イワヒバリもお花畑の中にいました。
メスから沢山のオスにプロポーズをし、子育てでは人気のあるメスほど多くのオスに餌を運ばせると「ダーウィンが来た!」でやってましたね。

iwahibari090809_1.jpg

上の子と同じ固体かと思ったのですが、違っていました。いずれも足輪があるんですが、これが異なっています。

iwahibari090809_2.jpg

オオバン

今日はイオンでウインドショッピング。
食事をしたりペットショップを見たりした後、河北潟と海岸を少しだけ覗いてきました。

オオバンが1羽。幼鳥みたいです。河北潟生まれなのかな。先週見たオオバンが親なのかも。
先週にオオバンを見た場所に近かったです。

ooban090808.jpg

海岸にて。ミユビシギ

一昨日、昨日と全英女子オープンを見ていました。ワンコが朝ご飯が済んで「遊ぼ!ワン」と来るので抵抗していたのですが、敵が強かった。

お昼頃に海岸へ行ったのですが、途中で雨。天気は良くないのに多くの人が釣りやバーベキューを楽しんでいました。


ミユビシギがいました。昨日、今日と100羽程度居たとの話もありますが、会えたのは5羽です。

miyubishigi090802.jpg

カワセミ

これで5回目の遭遇です。この場所はいい環境なのでしょうね。河北潟にもこんな場所があったんですね。神さんに感謝。

こちらは♂さんですよね。

kawasemi090802_1.jpg

デジスコで少しアップを。でも遠いのでいま一つでしょうか。
こちらはどちらも♀でみたいです。幼鳥かどうかを見極められません。
ここには少なくとも4羽のカワセミがいるようです。

kawasemi090802_2.jpg

カレンダー

07月 <<2009年08月>> 09月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

カテゴリー

プロフィール

  • Author:vivi_kota
  • 石川県の河北潟
    夫婦で
    バードウォッチングしています。

ブログ検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

QRコード

QR