セイタカシギ

朝は雨が降っていたので朝寝を決め込んでいたら、チワワン娘に顔をガリガリされてしまいました。甘えたかったのかな。
雨が上がっても、ワンコの散歩には地面が濡れているのでお預け。かなりしつこくストーカーをされているうちに地面が乾いたので散歩に行くことに。

そんなことをしているうちに3時半過ぎ、でも少し河北潟へ。


ケリやコチドリ、それぞれ2組が抱卵しているのを見てからしばらく行くとセイタカシギがいました。

seitakashigi090531_1.jpg

昨年よりも10日早く会えたのですが、他の地域ではとっくに現れているので心配になりました。今年は来てくれるんだろうかと。

seitakashigi090531_2.jpg

カッコウ

カッコウが1羽。
他に鳴き声も聞こえていたのですが、今日は2羽見ました。

kakkou090531_1.jpg

隣にキジバトが来たので、びっくりしたのかと思ったのですが。

kakkou090531_2.jpg

キジバトを襲いました。なかなか乱暴者なのですね。

kakkou090531_3.jpg

その後、何事もなかったかのように「カッコー」と鳴いていました。

kakkou090531_4.jpg

サルハマシギ

先週に見た抱卵中のコチドリがどうなったか見に行こうとしたとき、1台のバーダーさんの車が。ムナグロ11羽、トウネン2羽、ハマシギ1羽が居たのですが、「サルハマシギがいるよ」と。
畦の土に同化した1羽のシギがいました。まだ、夏羽になりきっていないようです、

saruhamashigi090531_1.jpg

遠かったのでかなりトリミング。少し暗かったせいもあり綺麗ではありませんが、サルハマシギは初見ですので。この後、ハヤブサが急降下してきてシギ達は飛び去り、ハヤブサは狩に失敗しました。

saruhamashigi090531_2.jpg

抱卵場所にはコチドリはいませんでした。ヒナが生まれて離れたのでしょうね。

河北潟ではありませんが。トキ

先週のリベンジに行って来ました。
石を投げた人が居たとか携帯で撮ろうと近付きすぎる人がいたとかで、トキは富山県の別の場所に移動したのですが、また以前の場所に戻ってきました。
写真を撮っていると「今日は4時半にはここに居た」とか、「6時にはここに居た」とか色々と教えてくれます。私はそんな時間には行けないのですが、多くの方が写真を撮っていたそうな。
「戻って来たんですね」と言うと、「このトキはここがお気に入りなんだ」と、とても嬉しそうに言う方が多かったです。
田んぼはそろそろ農薬を撒くシーズンなんですが、やっぱり心配していました。
リベンジと言うこともあって、一杯撮りました。


これは、学名 Nipponia nippon.。トキです。
佐渡島から新潟県の本土に渡り、福島県、宮城県、山形県、新潟県を経て富山県に来たNo.4です。

toki090530_1.jpg

婚姻色ですね。グレーになっています。

toki090530_2.jpg

GPS発信器を付けられています。放鳥されたトキ10羽のうち、6羽に発信機が付けられたとのことです。
賛否両論があるでしょうが、検証をしっかり行ってもらいたいですね。
足が赤いです。

toki090530_3.jpg

田んぼでのお食事が一段落すると、飛んで行きます。

toki090530_31.jpg

飛んだ先はここ。この場所でお休みするそうです。
顔を隠して寝てる方が多いのですが、時々起きたところを撮ってます。

toki090530_4.jpg

時にはこんなポーズも。歌舞伎の「見得(みえ)」を切ってるみたいです。
北陸に来る鳥は芸達者なのか?

toki090530_5.jpg

デジスコで木に居る時の顔アップを撮ってみました。スコープは近所の方にも覗いてもらいました。
2005年生まれの♀とのことです。う~ん、美人でしょうか?

toki090530_6.jpg

綺麗な朱鷺色を見せてくれました。
ブルーは訪朝時のマーキングですね。

toki090530_71.jpg

この後、田んぼへ飛んで行きました。お食事再開のようです。

toki090530_8.jpg

アマサギ

昨日は天気も良かったので、お隣の富山県まで行って来ました。
目的は「トキ」です。
3月に佐渡から新潟県、福島県、宮城県、山形県、新潟県そして富山県に移動してきた4号です。
家の前に立っていた女性に聞いたら、「朝6時半頃、そこの田んぼにいたよ」と写真を見せてくれました。「ねぐらは隣の家の横の小屋の後ろの木」だそうです。
結果は空振り。
近所を探してもトキはいません。「午後4時には帰ってくるよ」と言われて4時少しまで待っていましたが、ワンコが待っているので帰ってきました。

今日は天気が今一つだったので、近場の河北潟へ行ってきました。


アマサギが38羽。河北潟では今季初めて会いました。

anasagi090524_1.jpg

見つけたかな、餌。

anasagi090524_3.jpg

海岸にて。アオサギ

海岸へ行ったらアオサギが何かを咥えています。
(河北潟ではアオサギはすぐ飛ばれてしまうのですが、海では撮れるのです)

aosagi090515_1.jpg

エイですよね、これ。飲み込めるんでしょうか。
(苦労しているみたいでしたが、最後まで見届けませんでした)

aosagi090515_2.jpg

キアシシギ、チュウシャクシギは沢山いましたが、ミユビシギ、ハマシギは少なかったです。

河北潟ではありませんが。コアジサシ

今日はスケジュール通り1日/月の年次休暇を取ったのです。
公園に行ってこの時期の鳥に会おうとしたのですが、サッパリでした。天気も良いしコアジサシを見に行くことに決定。

見ている我々には気持ち良さそうに飛んでいます。

kajisasi090515_1_0.jpg

この後、ダイブして魚を取るのですが、なかなか撮れません。

kajisasi090515_2.jpg

と思ったら、神さんがこんなのを撮っていました。
70~200mmのズームでしたので、結構トリミング。

kajisasi090515_3.jpg

コアジサシの求愛給餌
(ゴチャゴチャして見にくいですが)

kajisasi090515_4.jpg

♀が怒っているみたいです。       振られたみたいな。

kajisasi090515_5.jpg     kajisasi090515_6.jpg

カッコウ

少し暗くなって来た時に電線に少し大きめの鳥がいたので「何だ?」と思って見るとカッコウでした。
「カッコー」と一声鳴いてから飛んで行ってしまいました。
今期、初めて会いました。昨年より10日早かったです。遠かったので証拠写真となりました。

kakko090514.jpg

海岸にて。ホウロクシギ

今日はバードウィークの初日。石川県では3か所で探鳥会が開かれました。
我々は一番近くのいつもの公園へ。お目当てはこの日に配られるバッチです。

探鳥会が終わった後、「行こう」と言うことで何人かと海岸へ。いつもの海岸より少し遠めなのですが、我が家からだったら1時間はかからない。


チュウシャクシギに混じってホウロクシギが。やっぱり、嘴が長いですね。
体も大きい。

hourokusigi090510_1.jpg

1羽だけなのが、ちょっと寂しいそうなのですが。

hourokusigi090510_2.jpg

海岸にて。シギがあふれてました

ワンコの散歩が済んでから小雨が降ってきました。野菜も植えたしワンコのシャンプーも済んでいるので、ちょっと暇。
と言うことで、少しだけ海岸へ行ってみようかと。我が家から車で10分の海岸です。

海岸へ着いたら、いきなりハマシギの群れ。少し離れてミユビシギの群れ。近づくとかなり離れても飛んでしまいます。よく見たらキアシシギが混じっていました。キアシシギはかなり警戒心が強くすぐに飛び去ります。それにつられてハマシギやミユビシギも一緒に。
そのうちキアシシギの群れに遭遇しました。キアシシギの群れは6くらいでした。

ミユビシギは400羽を数えたのですが、動いたり飛んでしまったりしてそれ以上を数えるのはやめ。ハマシギも250羽ほど数えてあきらめ。
キアシシギは少し大きいので少し数えやすかった。その数866羽。少しくらい違っていてもすごい。

こんなに居るのなら、もう少し行けば凄いかと思って、つい、千里浜まで。
ミユビシギ、ハマシギ、キアシシギはかほく市海岸で終わり。
その代りにチュウシャクシギは途切れなく居た感じです。その数160羽。まあ、誤差はあるでしょう。


ハマシギが多かった群れと思います。少し大きいのはキアシシギでしょう。

shigii090506_1.jpg

キアシシギがメインかと。一つの群れを見ていると、離れたところで群れが飛んでいます。車が通ったのでしょう。

shigii090506_2.jpg

これはミユビシギがメインでした。

shigii090506_3.jpg

上がハマシギ、下がキアシシギです。キアシシギが先に飛び出しているのがわかるでしょう。

shigii090506_4.jpg

これはキアシシギがほとんどですね。

shigii090506_41.jpg

キアシシギの群れ。

shigii090506_5.jpg

別のキアシシギの群れ。

shigii090506_6.jpg

ミユビシギとハマシギの混合部隊。ミユビシギの方が多いです。

shigii090506_8.jpg

キアシシギです。あまり近寄れないのです。

shigii090506_81.jpg

ミユビシギ。お休み中だったのかな。夏羽が多いですね。

shigii090506_9.jpg

キアシシギの飛び出し。オオソリハシシギやオバシギが少し混じっていました。

shigii090506_91.jpg

チュウシャクシギも沢山いたのです。大きな群れは撮り忘れ。

shigii090506_92.jpg

河北潟ではありませんが。イスカ

「イスカがいるよ。」と聞いたのですが、連休の2日、3日は舳倉島へ行くことになっていたので、「帰るまでいて欲しいと念じてました。」
舳倉島から帰った翌日の4日、急いで行って来ました。我が家から30分の公園へ。
急いでと言っても、ワンコの散歩などしてからですので、現地に着いたのは1時少し過ぎ。40分ほど待ったら「来た~。」

目的を果たしたので早々に引き揚げ、金沢のホームセンターでゴールデンリトリバーの娘が壊した枝折り戸を購入。ついでに、トマト、ミニトマト、ピーマン、ナスの苗を購入しました。帰宅してから、枝折り戸の交換と苗を庭に植えました。
それが済んだら、チワワ3匹のうち2匹を洗濯。1匹は翌日に回しましたが忙しい日でした。


イスカです。初めて見ました。何羽の群れかよくわかりませんが10羽弱でしょうか。最初は20羽位いたと聞いていますが。
綺麗に撮れたので一杯貼っています。

isuka090504_1.jpg

♂ですね。赤がなかなか美しいです。

isuka090504_3.jpg

こちらは♀。交差した嘴が良くわかります。

isuka090504_4.jpg

伸びをしてくれました。足の裏が見えたりして。

isuka090504_5.jpg

1羽の♂が池の畔に来て。

isuka090504_6.jpg

水を飲みました。

isuka090504_7.jpg

満足そうな顔。

isuka090504_8.jpg

舳倉島にて。オオミズナギドリ

2日、3日と舳倉島へ行って来ました。
当初は日帰り予定だったのですが、民宿に泊れることになってラッキーでした。
先々週は珍鳥中の珍鳥、ヨーロッパコマドリが現れたのですが、早々に旅立ったようです。4月29日に居たギンムクドリに会いたかったのですがいませんでした。
2日は色々見れたのですが、3日はかなり限られてしまいました。

航路では凪ぎだったのでデッキで海鳥を撮ろうと思ったのですが、飛んでいる鳥が少なかったです。
凪ぎの日はあまり海鳥が飛ばないというのは本当でしょうか。

オオミズナギドリも昨年よりは少なかったようです。

oonagimizudori090502_1.jpg

帰りは曇っていましたが、海は凪です。途中の島近くでやっとオオミズナギドリが飛び始めました。

oonagimizudori090503_2.jpg

舳倉島にて。ヒメコウテンシ

舳倉島に着いたとたん、ヒメコウテンシがいると皆さんが話していたので行ってみました。
数少ない旅鳥とのことであり、もちろん初めて会いました。

himekoutenshi090502_1.jpg

もう少しこちらを向いてくれれば良かったのですが。

himekoutenshi090502_2.jpg

ヒメコウテンシはヒバリを少し白っぽくした感じなのですね。
次に会ったとしても、自分で見分けれるかは疑問ですが。

himekoutenshi090502_3.jpg

舳倉島にて。センダイムシクイ

ムシクイはよくわからないのですが、センダイムシクイは頭央線があるので私でもわかります。
ムシクイは沢山いました。頭央線の無い個体も撮ったのですが鮮明でなかったので未掲載です。

sendaimusikui090502_1.jpg

別のカットでは頭央線がありました。

sendaimusikui090503_1.jpg

サンショウクイもいたのですが、会いに行っても出てくれませんでした。来年は会いたいです。

カレンダー

04月 <<2009年05月>> 06月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

カテゴリー

プロフィール

  • Author:vivi_kota
  • 石川県の河北潟
    夫婦で
    バードウォッチングしています。

ブログ検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

QRコード

QR