コクマルガラス

ワンコの散歩を終え、今日も午後から行って来ました。

ミヤマガラスが200羽程いたので、双眼鏡で探しました。
「居た!」と。コクマルガラスの淡色型1羽と黒色型3羽です。黒色型はあまり真剣に探してはいなかったのですが。
最近は群れの中からターゲットを探すことが多いです。

kokumarugarasu090222_2.jpg

もう少し天気が良かったならうれしかったのですが。

kokumarugarasu090222_1.jpg

たぬき

午前中はお仕事の神さんを置いて河北潟を1時間ほど見てきましたが空振りでした。ホシムクドリもハヤブサも。
午後になってワンコの散歩を済ましてから、もう一度行って来ました。


「アナグマ?」と神さん。アナグマではなくタヌキです。
タヌキが居てもおかしくはないんでしょうが、初めて会いました。近くのゴルフ場では5~6匹のタヌキによく会います。そう言えば、イタチに最近会えていません。

tanuki090221.jpg

カメラ設定を間違えて、シャッター速度が1/15 秒。とってもブレていました。

ホシムクドリ

「居た!」と神さん。
午前中には会えなかったホシムクドリです。この場所には7羽のホシムクドリが居ました。
(時間とタイミングなのですよね。決して、神さんが呼んだのではない。)

hosimukudori090221_2.jpg

その後、ムクドリ達は飛んで行ってしまったのですが、帰る途中に発見しました。
(1羽だけに見えますが、普通のムクドリも一杯いたのです。逆光になって探すのが大変。)

hosimukudori090221_1.jpg


カワラヒワ

今日は小雪が降ったり雨が降ったりして北陸特有の日でした。
休みも最後の日なのですが、やはり河北潟止まりです。
相変わらず午後になってから動くのでなかなか違う所に行けません。

「この辺りに鳥が居なくなったね。」言っていたら、カワラヒワが1羽降りて来ました。
そのうち数羽集まりました。

kawarahiwa090218.jpg

ホシムクドリ

「アッ、ホシムク!」と言ったら飛んで行ってしまいました。
しばらくすると少し離れた場所に降りてきたのです。
「6羽居る!」とあわててカメラを取り出すと車が通って、また飛んで行ってしまいました。
仕方がないので別の場所に行ったのですが、「もう一度見てこようよ。」

薄暗くなって、少し遠かったのですがなんとか1枚撮れました。

hosimukudori090218.jpg

河北潟ではありませんが。コハクチョウ

最近、新聞で白鳥がそろそろ北帰行などと掲載しているので、コハクチョウを見てきました。
その後少しだけ河北潟に。
昨日からの雪は少し溶けましたが、雪が降ったり晴れ間が覗いたりする天候でした。

現地に着いた時には、雪の中。これも中々趣があります。

kohakutyou090217_0.jpg

餌場の田んぼに向かっている所。気持ち良さそうに見えてしまいますが、束の間の晴れ間でした。

kohakutyou090217_1.jpg

野鳥と言うより、模型飛行機に見えてしまうのですが。

kohakutyou090217_2.jpg

少しアメリカンな子。アメリカコハクチョウとコハクチョウのハーフでしょうか。
昨年12月に見たアメリカコハクチョウとはちょっと違いますね。

kohakutyou090217_3.jpg

河北潟ではありませんが。コブハクチョウ。

最初の場所に戻ったら、2羽の感じが異なるハクチョウがいました。
コブハクチョウです。仲良くゆったりと進んで行きました。
コブハクチョウは篭脱けとみなされて野鳥扱いされていないのですが、当人達は気にしてないでしょうね。

kobuhakutyou090217.jpg

河北潟ではありませんが。ナキハクチョウ

昨日、クロヅルに合っているときに「ナキハクチョウがいるよ」と連絡がありました。琵琶湖から駆け付けても間に合わないので今日に。

コハクチョウが200羽以上いたと思います。その中から1羽づつスコープで探してやっと見つけました。餌をあさって顔を泥に入れていたら判らないのです。
でも普通の姿勢ならよくわかりますね。これだけ大きいのですから。

nakihakutyou090213_1.jpg

残念ながら嘴は泥だらけ、お腹も汚れています。水がある所なら綺麗だったでしょう。

nakihakutyou090213_2.jpg

しばらくしたら近付いてきました。いつものレンズでは入らないので200mmのズームで撮っています。

nakihakutyou090213_23.jpg

これなら、嘴が汚れていてもナキハクチョウと判りますね。

nakihakutyou090213_3.jpg

このナキハクチョウは松江から来たようです。
Trumpeter Swan の名の通り管楽器を吹いているような鳴き声でした。

nakihakutyou090213_4.jpg

河北潟ではありませんが。クロヅル

昨日から8連休です。勤続ん年(一桁でありません)で特別休暇と旅行券をいただいたのですが、ワンコがいるため旅行はできず、県内の温泉に一泊だけを予定してます。

クロヅルが居るとのことで昨日行こうと思ったのですが、天気の良さそうな本日に琵琶湖まで行きました。湖北地方になるんですね、初めて行って来ました。我が家から2時間半弱。

このクロヅルは幼鳥とのことです。たった一羽でした。仲間からはぐれたのかな。

kurozuru090212_1.jpg

1月中旬から居るみたいですね。(京都新聞より)

kurozuru090212_2.jpg

クロヅルは、私が鳥見をする前に河北潟にも現れたことがあるそうな。

河北潟ではありませんが。オオワシ

クロヅルのついでに湖北水鳥センターへ行ってオオワシに会ってきました。

owashi090212_1.jpg

上の写真を撮って帰ろうとしたところ、「飛んだ!」と叫び声が。
機材は車に積んでしまっていたのですが、また取り出しているうちに獲物を抱えて帰ってきました。
(あわてていたため白トビさせてしまいました。飛んでいる所に会えたと言うことで。)

owashi090212_2.jpg

足元に獲物がいるのですが、なんでしょうね。

owashi090212_3.jpg

海岸ですが。シロカモメ

いつもの休日のように起きて、お昼頃にワンコの散歩に行ったら雨が降ってきました。散歩はショートカット、ちょっと可哀そうでしたが。
天気予報が当たりました。午前中は晴れ、午後からは雨です。
しっかり午後になってしまいましたが、近くの海へ行って来ました。

シロカモメが1羽いると聞いていたのですが、今までは会えませんでした。やっと、今日に会うことができました。

shirokamome090211_1.jpg

今までは中能登まで行った時に会っていたのですが、近くにも来てたのですね。
中能登の個体の方がもっと白かったかな。

shirokamome090211_2.jpg

河北潟ではありませんが。ハチジョウツグミ

今日は晴れ、気持ちの良い天気でした。我が家にとっては、早起きして探鳥会へ。
現地に着くと、ハチジョウツグミとシメ数羽が芝生の上でウロウロ。いるんですね、いる所には。

帰りに河北潟を通ったのですが、いつものハヤブサはお留守。近くにムクドリの群れがいたので見ていると、パッと飛び散るムクドリの羽、ハヤブサが急降下してきたのです。5mもなかった場所での事件です。こちらはびっくり。ハヤブサはカラスに追われて飛んで行ってしまいました。ムクドリを抱えて行ったのか確認する余裕もなかったのです。

やっぱりツグミですね。立ち姿の綺麗なこと。

hachijyoutugumi090208_2.jpg

別な個体なのですが、こちらを向いてくれません。この後、飛んで行ってしまいました。

hachijyoutugumi090208_1.jpg

少しアップで。

hachijyoutugumi090208_3.jpg


海岸にて。ハマシギ

今日も思いっきり寝ていたら、ゴル娘に顔を叩かれての寝覚めでした。
ワンコの散歩やら、何やらで出かけたのは1時ころ。午前中は快晴だったのですが、だんだんと曇ってきました。やはり3文の得にはありつけない休日でした。

近くの海岸を流していたら、ハマシギの小さな群れがいました。

hamasigi090207.jpg

タゲリ

80羽ほどのタゲリの群れが田んぼにいました。この当たりの田んぼでは初めて会います。

tageri090207_1.jpg

白い子も混じっていました。白い子のは毎週会えています。(Blogへのアップを必ずしてはいませんが。)
やっぱり奥の方にいます。この用心深さが大切なんですよね。

tageri090207_2.jpg

近くの丘で。シロハラ

今日は神さんが昼まで仕事だと言うので、それまで1時間半ほど近くの丘に行って来ました。1脚を杖にして。
小鳥音痴の解消のため、小鳥ポイントを探さなければ。


ここは以前にシロハラを見かけた場所です。今日もいてくれました。物陰に隠れて「近くに来てよ。」と思いながら。

shirohara090201_1.jpg

レタッチで体を黒くしたらクロウタドリですね。そんなのアップしたら大騒ぎ?

shirohara090201_2.jpg

カレンダー

01月 <<2009年02月>> 03月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

カテゴリー

プロフィール

  • Author:vivi_kota
  • 石川県の河北潟
    夫婦で
    バードウォッチングしています。

ブログ検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

QRコード

QR