海岸にて。シロチドリ

今日は良い天気でした。ワンコの散歩をしていると少し汗ばんで来ました。
「窓ガラスは少し天気が悪い方がやりやすい。」とか言って大掃除をサボり、ドライブがてら海岸へ。

「カモメ類以外いないね。」と言いながらしばらく行くと、やっとシロチドリ10羽位の群れに会えました。

shirotidori081229_1.jpg

この頃から薄曇りになって来たので、モノトーン気味です。

shirotidori081229_2.jpg

海岸にて。シノリガモ

シロチドリを見ていると、神さんが「シノリガモ!」と。
前回にシノリガモを見た場所は少し遠くでしたが、今日は比較的近い所で会えました。

shinorigamo081229_1.jpg

このくらいの波がありましたが、潜ったりして波を避けていました。

shinorigamo081229_2.jpg

波が静かなところでは、少し空の色が写りこんでいるみたいです。快晴なら綺麗だったでしょうね。

shinorigamo081229_3.jpg


ヨシガモ

シノリガモを見てから近くの公園の池へ寄ってきました。
それほど沢山の鴨はいなかったのですが、カルガモ、ヨシガモ、ホシハジロ、ヒドリガモ、キンクロハジロがいました。中でもヨシガモはカルガモの次に沢山いたのです。10羽以上いました。

yosigamo081229_1.jpg

顔に光が当たっていい感じです。

yosigamo081229_2.jpg

こんな可愛らしい仕草もするんですね。ナポレオンハットがよく似合います。

yosigamo081229_3.jpg


コハクチョウ

ワンコの散歩でコハクチョウが飛んで行くのを見ました。最近、コハクチョウがねぐらの水田近くに居ないので、おそらく公園近くの田んぼだろうと思っていましたが、当たりです。
昨年はコハクチョウが津幡町に居なくなってかほく市に来ていると報道された場所です。

kohakutyou081229_1.jpg

50羽弱の群れと10数羽も群れが居ました。

kohakutyou081229_2.jpg

タシギ

家に帰ってから、2回目のワンコの散歩をしていると、近くの田んぼでシギが飛ぶのを見かけました。
恐らくタシギだろうと、散歩が終わってからスコープと双眼鏡を持って田んぼへ。ここは住宅街に沿った我が家の裏手にある田んぼです。
スコープでタシギを見ていると、ご近所さんが「何だ!何だ!」と寄って行きます。時には車を止めて。

tashigi081229_1.jpg

恐らく10羽以上いたと思います。こんな状態ですので探すのが大変でした。

tashigi081229_2.jpg

デジスコで撮影しました。動かないとデジスコでもなんとかなります。

コチョウゲンボウ

金魚の餌が無くなったのでホームセンターへ買いに行って来ました。もちろん河北潟を通ってです。
家に帰って雨がやむのを待ってワンコの散歩や色々片付けをしていると電話が。「メガネが出来ました。」と言うことで再び河北潟を通って行って来ました。

イオンを通り過ぎると電柱にチョウゲンボウらしい子がいたので、さらに近付くと尾が短い。
コチョウゲンボウです。今期初めてです。
♀でしたので、年明けには♂に会えるといいですが。

kotyougenbou081228.jpg

ミヤマホオジロ

白いタゲリが健在だったのでホッとしてしばらく行くと、チョロチョロと小鳥が飛んでいます。
藪から藪へと消えてしまうのでいつも素通りしていましたが、今日はちょっと待ってみました。
カシラダカとに混じってミヤマホオジロが数羽。

miyamahoujiro081228_1.jpg

もう少し天気が良かったなら、キャッチも入ったかもしれませんが。

miyamahoujiro081228_2.jpg

ホシムクドリ

今日は朝から天気が悪く、みぞれ交じりの雨が降っていました。ワンコの散歩も無いので、ちょっと河北潟へ。
天気が悪くてあまり鳥には会えなかったような気がします。でも、白いタゲリは元気でした。

ムクドリの群れがいたので探しました。「いた!」と神さんと。
ちょうど雲の切れ間から日が射して来ました。日が射したのはこの時だけでした。

hosimukudori081223_1.jpg

これでホシムクドリに会う課題をクリアーしました。

hosimukudori081223_2.jpg

河北潟ではありませんが。ヒシクイ

今日はラムサール条約に登録されている鴨池の観察館で探鳥会でした。
ここ鴨池は石川県で最もマガンの集まる場所ですが、近年は禁漁区が広がり安心できる場所が多くなったため鴨池に来るマガンが少なくなっているとのことです。

シジュウカラガン、サカツラガンやカリガネが来ているそうですが、到着した時は皆さんお食事でいませんでした。探鳥会の終了後にカリガネ7羽が帰ってきましたが。

観察館のすぐ前の小さな田んぼにオナガガモやヒシクイが刈り取った後の稲の根を食べていました。

顔を上げたら当然泥だらけですね。

hisikui081221_1.jpg

顔を洗えばそれなりに見れるのに。

hisikui081221_2.jpg

河北潟ではありませんが。オオバン

オオバンが観察館の前で草を食べていました。7~8羽位居たでしょうか。
まるでニワトリが庭に居るみたいです。普通は水の上に居るんでしょうが。
(ズームでないので全体が入らなかったのが残念ですが。)

oban081221_1.jpg

河北潟ではこんな近くでオオバンを見れることはありません。サッサと逃げてしまいますので。

oban081221_2.jpg

キジバト

今日は晴れ。不思議なことに、ここ2~3日、天気が良いのです。普通なら雨や霙、あるいは、雪が降り、雷が鳴っている時期なのですが。

丸まったキジバトがいました。電線止まりではなかったので。
河北潟の干拓地ではキジバトは何時でも見られる鳥です。多くは電線に数羽で止まっているので、ついパスしてしまいます。

kijibato081220.jpg

オナガ

少し大きな鳥がいると思って近づくと、オナガでした。20羽程度いたでしょうか。逆光ですぐには判らなかったです。
オナガに会う時は、天気が悪いとかいろいろあってまともに撮れたことがありません。天気は良かったのですが、逆光で残念。薄いブルーがよくわかりません。

onaga081220_1.jpg

名前の通り、尾が長いですね。枝被りですが。

onaga081220_2.jpg

河北潟ではありませんが。アメリカコハクチョウ

苦手の早起きをしてワンコに食事をさせて探鳥会へ行って来ました。その後、アメリカコハクチョウに会ってきました。
アメリカコハクチョウは北アメリカで繁殖し、迷鳥として飛来するのだそうです。

餌を漁っていて顔をなかなか上げてくれません。一度見つけても、沢山のコハクチョウの中にいるのですぐわからなくなります。皆さん同じ場所にいてくれたら探すのが楽なのですが。
数えるのを忘れましたが、大雑把にみてコハクチョウは数十羽位いたと思います。

amekohakutyou081214_1.jpg

トリミングしたのですが、わかりますか。アメリカコハクチョウとコハクチョウの違いが。

amekohakutyou081214_2.jpg

嘴の黄色い部分が小さいのが特徴です。

amekohakutyou081214_3_.jpg

実は、今日はリベンジだったのです。
昨日は今日に比べて近い所にいたのですが、神さんと「いた、いた。」と言っているうちに畦を超えて泥の中の餌漁り。嘴の特徴はわからないですよね。

amekohakutyou081214_4.jpg

マガン

一旦、家に帰ってから河北潟へ行ってみました。
コハクチョウを見てから、干拓地に向かうときマガンがいました。この前に会った時より増えています。
神さんが数えて59羽、私が数えて57羽。数え直すことはしませんでした。家庭の平和のためです。

magan081214_1.jpg

戻ろうとした時、マガンが一斉に飛び立ってしまいました。かなり警戒心が強いです。
下に写っているのはチュウヒ。チュウヒはたまたま通りかかったのです。

magan081214_2.jpg

完全ではありませんが、V字隊列を少し見せてくれました。さすがにマガンです。

magan081214_3.jpg

コクマルガラス

今期は本当によくコクマルガラスに会えます。昨年はミヤマガラスの群れを見ると一生懸命探してもあまり会えなかったのですが。
淡色型が7羽写っていまが、この右手にまだ3羽の淡色型のコクマルガラスがいました。

kokumarugqarrasu081214_1.jpg

ミヤマガラスとコクマルガラスの淡色型です。

kokumarugqarrasu081214_2.jpg

カイツブリ

何故か、中央排水路にカモがいません。コガモを筆頭にカルガモ、ハシビロガモがかなりいるのが普通ですが、コガモが4羽居ただけ。
カイツブリだけには6羽も会ってしまいました。オオタカでも現れたのかな?でも、そばの松にはオナガの群れがいたのですが。

kaituburi081214.jpg

イソシギ

朝、チワワン娘が布団の中に入ってきて腕を枕にクー、ピーと寝てしまった。付き合って寝直したら10時半過ぎでした。
起きたら、チワワン父さんが散歩に連れて行けとストーカー状態。外を見るとミゾレが降り、風が強いではありませんか。チワワン父さんに「今日は無し。」と言って庭に出したのですが、「そんなの関係ねえ。」状態でなだめるのにあれこれ。

泥縄になりますが、車のタイヤを交換。河北潟へは2時半過ぎにちょっとだけ行って来ました。

いつものように中央排水路を見ると、イソシギが1羽。11月22日に会った子でしょうね。
まん丸状態です。寒いからでしょうか。

isosigi081206.jpg

ミコアイサ

ミコアイサの♂1羽と♀3羽を撮ろうとしたところ、カンムリカイツブリが潜水した拍子に飛んで行ってしまいました。撮る順番を間違えました。
少し離れた所にミコアイサの♀の群れがいたので、代わりに。
ミコアイサに会うのはいつも天気の悪い時です。天気の良い日には来ないのかな。

mikoaisa081206.jpg

河北潟ではありませんが。サカツラガン

今日は神さんが東京へ行ったので、ワンコの世話のため有給休暇を取りました。私の勤務先は有給休暇取得のキャンペーン実施中なのです。

と言うわけで、ワンコの世話をした後、サカツラガンが来ている鴨池へ行って来ました。鴨池では県外の方が何人かいて、サカツラガンの写真を撮った後、琵琶湖へ行くんだとか。パワフルですね。
この後、早めに帰ってワンコの散歩やら何やら。


サカツラガン、いてくれました。時々琵琶湖へ行ってしまうそうです。それも一気に飛んで行くとか。
ちょうどお食事中でした。泥田に顔を突っ込んで、つい先ほどまで顔が泥だらけだったのです。

sakaturagan081203_1.jpg

デジスコで撮りました。トリミングの余地がなくて日の丸のまま掲載です。

sakaturagan081203_2.jpg

実は、家に帰って来てからデジ一眼のデータをコピーしようとしたら、「壊れているからフォーマットしなさい」と言ったメッセージが出てバンザイでした。フリーソフトを色々試したのですがNG。仕方なく市販ソフトをダウンロドしてから、カメラ側でフォーマットしてデータ復旧をしました。9,000円弱は痛かった。

河北潟ではありませんが。カリガネ

カリガネも探していたんです。初めはいなかったようですが、いつの間にか7羽が現れました。以前に聞いた時には6羽だったはずですが、、群れが違うのかな。
写真ではわかりませんが、マガンより小さく、嘴がピンクがかってアイリングのある可愛らしいガンです。

karigane081203.jpg

カレンダー

11月 <<2008年12月>> 01月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

カテゴリー

プロフィール

  • Author:vivi_kota
  • 石川県の河北潟
    夫婦で
    バードウォッチングしています。

ブログ検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

QRコード

QR