河北潟ではありませんが。イルカ

能登島の民宿で一泊した後、田鶴浜の野鳥観察舎で探鳥会。その後、能登半島の奥にタンチョウ(22日の新聞にタンチョウ3羽が来たと載っていたのです。)を探しに行く人もいましたが、私は帰宅してからワンコの散歩。その後河北潟へ。

野鳥観察舎へ行く途中でイルカを見てきました。能登島には野生のミナミバンドウイルカが生息しています。本来、南の海に帰るべきミナミバンドウイルカがこの北陸の海に住み着いているのは謎なのだそうです。


今年に子供が生まれて5頭いるはずでしたが、この時は2頭の背びれが見えるだけでした。イルカウォッチングの船が来れば遊んでいるイルカが見れたかもしれません。

iruka081123.jpg

河北潟ではありませんが。シロカモメ

シロカモメが今年も来ていると聞いたので、探鳥会の解散後に行って来ました。
ポイントに着いた時には居らず、「しまった、誰かと一緒に来れば探せたのに。」と思っているといつのまにか現われてくれました。

shirokamome081123_1.jpg

このシロカモメを撮っていると、地元のおじさんが「そんなもの撮るより、これ採ってけ。」とバケツに入ったナマコを見せてくれました。う~ん、どうやって調理するのだろう。

shirokamome081123_2.jpg

コクマルガラス

やっと淡色型(白黒ツートン)のコクマルガラスの写真が撮れました。でも遠い、トリミングもしています。
ミヤマガラスの群れの中で、暗色型(黒)もいるはずですが判別が付きませんでした。
コクマルガラスは昨年とっても近い所で見たのですが、この時はカメラが故障中で見ただけ。その後も何回か見てますが、写真は撮れず。
先週の土曜日にも4羽の淡色型コクマルガラスを見ているのですが、遠過ぎと暗さで撮れずでした。本当に相性が今一つの鳥さんです。

次はもっと近くで撮らなくては。

kokumarugarasu081123_1.jpg

ズグロカモメ

ズグロカモメがまだ居たので神さんと飛びものの練習をさせてもらいました。
テレコンを付けているとAFが間に合わないので外しました。AFポイントが9点では少し外すとピントがズレるし、ファインダーが小さいので結構大変。

zugurokamome081123_3.jpg

zugurokamome081123_4.jpg

zugurokamome081123_5.jpg

どれが私で、どれが神さんが撮ったかは、私達もわかりません。

カレンダー

10月 <<2008年11月>> 12月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

カテゴリー

プロフィール

  • Author:vivi_kota
  • 石川県の河北潟
    夫婦で
    バードウォッチングしています。

ブログ検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

QRコード

QR