タゲリ

今日は午後から降雨率100%と言うことだったので、ワンコの散歩を最優先としていたら、河北潟に行けたのはお昼少し前となってしまいました。
風が強く、車の中でも窓を開けると帽子が飛ばされる状態です。

タゲリの群れが飛び回っていました。降りては飛び上がり、なかなか落ち着きません。仕方がないのでコクマルガラスを探すことにしてこの場を去りました。

tageri081129_1.jpg

他を廻っているうちに雲が厚くなって来たので帰ることに。その途中に寄った所、タゲリ姿が見えません。通り過ぎようとしたのですが、「ミュー」と言う声が。いました、畑の奥に風邪を避けるようにしてジッとしていました。
数えてみましたが150羽程でやめ。広がっているので数えるのが大変なのです。
わかりますか、白い子も健在です。

tageri081129_2.jpg

スポンサーサイト

コクマルガラス

程なくしてカラスが飛んでいるのが目に入りました。ミヤマガラスの群れです。

miyamagarasu081129.jpg

群れが降りた所へ行くといました。手前の3羽がコクマルガラスで、後がミヤマガラスと思います。
コクマルガラスは小さいですね。白黒の淡色型はこの子を入れて4羽いました。

kokumarugarasu081129_1.jpg

別の場所でも4羽の淡色型のコクマルガラスがいたのですが、近かった子には飛ばれてしまいました。これは、少し離れていた子をトリミングしています。もっと近い所で撮りたいですね。

kokumarugarasu081129_2.jpg


ハヤブサ

コハクチョウを見に行ったら40羽程しかいないので、何処に行ったのかと他の場所へ行こうとしたところ、田んぼの畦にハヤブサが1羽。先週会った子でしょうね。
この後コハクチョウに会えました。110羽程いましたが、少し離れたところでした。

hayabusa081129.jpg

河北潟ではありませんが。イルカ

能登島の民宿で一泊した後、田鶴浜の野鳥観察舎で探鳥会。その後、能登半島の奥にタンチョウ(22日の新聞にタンチョウ3羽が来たと載っていたのです。)を探しに行く人もいましたが、私は帰宅してからワンコの散歩。その後河北潟へ。

野鳥観察舎へ行く途中でイルカを見てきました。能登島には野生のミナミバンドウイルカが生息しています。本来、南の海に帰るべきミナミバンドウイルカがこの北陸の海に住み着いているのは謎なのだそうです。


今年に子供が生まれて5頭いるはずでしたが、この時は2頭の背びれが見えるだけでした。イルカウォッチングの船が来れば遊んでいるイルカが見れたかもしれません。

iruka081123.jpg

河北潟ではありませんが。シロカモメ

シロカモメが今年も来ていると聞いたので、探鳥会の解散後に行って来ました。
ポイントに着いた時には居らず、「しまった、誰かと一緒に来れば探せたのに。」と思っているといつのまにか現われてくれました。

shirokamome081123_1.jpg

このシロカモメを撮っていると、地元のおじさんが「そんなもの撮るより、これ採ってけ。」とバケツに入ったナマコを見せてくれました。う~ん、どうやって調理するのだろう。

shirokamome081123_2.jpg

コクマルガラス

やっと淡色型(白黒ツートン)のコクマルガラスの写真が撮れました。でも遠い、トリミングもしています。
ミヤマガラスの群れの中で、暗色型(黒)もいるはずですが判別が付きませんでした。
コクマルガラスは昨年とっても近い所で見たのですが、この時はカメラが故障中で見ただけ。その後も何回か見てますが、写真は撮れず。
先週の土曜日にも4羽の淡色型コクマルガラスを見ているのですが、遠過ぎと暗さで撮れずでした。本当に相性が今一つの鳥さんです。

次はもっと近くで撮らなくては。

kokumarugarasu081123_1.jpg

ズグロカモメ

ズグロカモメがまだ居たので神さんと飛びものの練習をさせてもらいました。
テレコンを付けているとAFが間に合わないので外しました。AFポイントが9点では少し外すとピントがズレるし、ファインダーが小さいので結構大変。

zugurokamome081123_3.jpg

zugurokamome081123_4.jpg

zugurokamome081123_5.jpg

どれが私で、どれが神さんが撮ったかは、私達もわかりません。

ズグロカモメ

今日は野鳥の会の忘年会で能登島の民宿で一泊の予定です。集合時間の案内はなく日が暮れる前に適当に行く感じです。
そんな感じですので、お昼頃に少し河北潟を廻って来ました。それから海岸経由で能登島まで行くこととしました。

タゲリを見ていると、白いユリカモメ風の鳥が2羽飛んでいます。よく見るとズグロカモメではありませんか。北陸にはめったに来ないズグロカモメが来ていると昨年は結構話題になりました。今年も来てくれたんですね。今年は成鳥のようです。ひょっとすると昨年来ていた幼鳥が大きくなって再来してくれたのかも。

zugurokamaome081122_1.jpg

初め見たポイントは異なる場所に移動していました。こちらでは近くを飛んでくれました。

zugurokamaome081122_2.jpg

近くに降りてくれたのですが、チョット失敗。少し白トビしてしまいました。

zugurokamaome081122_3.jpg

こんな餌を探していたのですね。

zugurokamaome081122_4.jpg


マガン

今日は朝から雨が降っていたので何処へも行かないつもりでしたが、朝刊に「河北潟のマガンに混じってカリガネがいた。」との記事があったので出かけてしまいました。
30Kgのゴル娘が甘えてきて膝の上から離れないので、出かけたのはお昼をしっかり過ぎてからでした。

マガンはほどなく見つかりました。総数25羽です。
おおよそ130m離れていたので1羽づつスコープで見たのですが、いないようでした。
(寝ている子が多かったので、見逃したのかも知れませんが。)

magan081116_1.jpg

ひょっとしたら見逃したのではないかと思い、帰りにも覗いてみました。
少し場所を移動していたのですが、これでは探すのが大変。でもいなかったような。

magan081116_2.jpg

タゲリ

今までのポイントにタゲリが全くいなくなりました。あれこれ廻っていると前シーズンによく見かけた大豆畑に居るのを確認しました。大豆が刈り取られたのでこちらへ来たようです。雨の中、広い大豆畑に散らばっていました。

tageri081116_1.jpg

白い子も健在です。これを見て人安心。
(とっても遠くでしたので豆粒写真をトリミング。クリックしても拡大しません。ノイズが目立つので。)

tageri081116_2.jpg

帰りに寄るとこの場所にいませんでした。別の場所に居るのを確認してます。こちらも遠くでした。
(クリックしても大きくなりません。ドラッグはできますが。)

tageri081116_3.jpg

ハシビロガモ

今日はまずまず天気が良かったので海岸へ行ってみましたが、行けども行けどもミユビシギ会えません。そのうちミヤコドリが居るところまで行ってしまいました。
その後、河北潟へ。

タゲリの白い子は健在でした。コハクチョウは75羽いたのですが、水張り田んぼが無いので夜は何処かへ行ってしまうのでしょうね。

中央排水路のハシビロガモはかなり換羽が進んでいました。

hasibirogamo081115.jpg

キジ

今日はキジを沢山見ました。最近見てなかったのですが、これもタイミングdすね。
とりあえず♀2羽です。

kiji081115_1.jpg

この♂キジが4羽の♀を従えていたように見えたのですが、キジの♂がハーレムを作るのは繁殖期ですよね。この時期は♂♀別々に群れを作ると思ったのですが。(昨年の今ごろに、♀の群れは見ています。)
まだ若い♂みたいなので、お母さんに従っていただけと勝手に推測。要するに、親離れしていないんだと。

kiji081115_2.jpg

ほっとけ!とばかりに睨まれました。
(この後、すぐ近くの田んぼにキジの♂が3羽降り立ったのですが、サッサと隠れてしまいました。)

kiji081115_3.jpg


海岸で。ミユビシギ

今日は有給休暇を取りました。有給休暇を取るスケジュールでは10月に取っているはずでしたが、今日になってしまいました、でも正解。素晴らしいお天気です。

この機会に内視鏡検査の予約をしてから近くの海岸へ。ミユビシギがいると聞いていましたので。

600~700羽位の群れだったでしょうか。昨日は1,500羽位居たそうですが。

飛びだしました。

miyubisigi081112_1.jpg

沖に出て。
この後、集団がひと塊りになるんですが、バッファフルでシャッターが切れず。こんな感じを狙いたかったのですが。

miyubisigi081112_2.jpg

近くを通って。

miyubisigi081112_3.jpg

着地です。

miyubisigi081112_4.jpg

こんな感じ。

miyubisigi081112_5.jpg

群れの中心です。

miyubisigi081112_6.jpg

ちょとアップに。

miyubisigi081112_7.jpg

ハマシギが200羽程混じっていたんですね。

hamasigi081112.jpg



海岸にて。シロチドリ

先週、コブハクチョウがいたと聞いて車で1時間ほどの所へ行ったのですが、カラ振りでした。
コブハクチョウは篭脱けと言うことで野鳥扱いされていませんが、飼われていないのは見たことが無いので行って見たのですが。

帰りは海岸沿いを帰ってきました。

シロチドリの群れがいました。20羽以上と思います。

sirotidori081108_11.jpg

夏羽がまだ残っている♂と思います。

sirotidori081108_21.jpg

もう少し綺麗に撮れたらよかったのですが。

sirotidori081108_31.jpg

海岸にて。ミヤコドリ

ジョビチンさんと会ったため、先週に会ったミヤコドリ会おうと一緒に。同じ子と思いますが、先週よりも4Km程離れた場所で会えました。

miyakodori081108_11.jpg

お茶を飲んでいる時に飛ばれました。あわてて撮ったのですが、ちと残念。

miyakodori081108_21.jpg

でも、近くに降りてくれました。車を止めるとすぐ横を通ってくれます。

miyakodori081108_31.jpg

タゲリ

今日は探鳥会で小松市の木場潟へ。まだまだ冬鳥が来ていない様子ですが、河北潟では見ていなかったホシハジロやオオジュリンを間近に見ることができました。
帰宅してから、ゴル娘を散歩に。イオンの駐車場経由で宇野気川とその近辺へ。帰りにイオンの敷地を通っていると「可愛い!」と女の子に言われたゴル娘はダラダラ。大型犬は何時もシャキットしなければ。

2時過ぎにイオンに出入りする車の渋滞を避けてタゲリ探しに。夢太郎さんのページにタゲリが来ているとありましたので。
あれこれと1時間ほど探し廻り、やっと見つけました。40羽程度の群れです。第1陣でしょうか。

tageri081103_1.jpg

今期初見です。この場所でタゲリを見るのは初めてです。

tageri081103_2.jpg

キタ━━━━━━(゜∀゜)━━━━━━!!!!    ...と2ちゃんねる風に

tageri081103_3.jpg

アルビノのタゲリです。3年間連続ですね。白は目立つので鷲や鷹に襲われやすいと思うのですが、よくぞ今年も来てくれました。(正確には白変種と言うのでしょうが、いずれにしても珍しいので同じ個体と思うのですが。)

tageri081103_4.jpg

冠羽が少し少ないような。苦労したのかな。

tageri081103_5.jpg

こちらの方が、冠羽がよく見えますね。

tageri081103_6.jpg

チョット膨らんだ姿は、可愛いですね。同じタゲリに見えません。

tageri081103_7.jpg

イオン

イオンが10月28日にソフトオープン、10月31日にグランドオープンと2段階でオープンしました。人口3万5千人の田舎町に北陸最大のショッピングモールの誕生です。
我が家から徒歩で5分30秒。これで金沢まで行くことはなくなり、田舎どっぷりになりそうです。

右手には宇野気川が流れているのですが、イオンの裏手からこの川沿と田んぼ道がゴル娘の散歩コースです。
さらに右手ではコハクチョウが良く来る所で、今季は2度程来ていたのですが、今日はいませんでした。これからコハクチョウが来るピークを迎えるのですが、夜も明るいので少し心配です。
右手には山田電気もあるのですが、以前はケリやコチドリをよく見かけた所でした。左手の元田んぼでは春にタカブシギがよく来ていました。

便利になり、雇用も確保できて良いのですが、野鳥にとっては受難の地となってしまいました。

ion081101.jpg

昨日は昔に東京で仕事をしていた仲間と千里浜の近くの温泉で1泊の宴会でした。ついででしたので、能登の中程まで行って来ました。帰りは海岸沿いに戻りました。

河北潟ではありませんが。ハマシギ

ハマシギの50羽弱の群れが居ました。この後、家に帰るまでに10数羽の群れと、ハマシギかミユビシギかわかりませんが200~300羽の群れが目の前を飛んで行きました。シロチドリは20羽程度の群れを2つほど見ています。

hamasigi081101_1.jpg

飛んでは降りて餌を取ることを繰り返していました。

hamasigi081101_2.jpg

河北潟ではありませんが。もう1羽のミヤコドリ

別の場所でもう1羽のミヤコドリに遭遇しました。

miyakodori081101_3.jpg

餌を探していますね。

miyakodori081101_5.jpg

恐らくフジノハナガイと思われます。この貝を食わえて走リました。
Oystercatcherなら牡蠣を探せばいいのに、こんな小さな貝ではいくら取っても満腹しそうにないですね。この小さな貝を器用に開いて中身を食べるそうです。

miyakodori081101_6.jpg

良く見ると、結構立派な足をしています。

miyakodori081101_4.jpg

カレンダー

10月 <<2008年11月>> 12月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

カテゴリー

プロフィール

  • Author:vivi_kota
  • 石川県の河北潟
    夫婦で
    バードウォッチングしています。

ブログ検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。