最初はチュウヒ

天気予報通り今日も雪でした。ただ、昨日よりは風が強くありませんでした。
ワンコと遊び、神さんの仕事が済んだ2時ころに行って来ました。

時おり雪が止みますが、雪に強い車ではないのでかなり限られた範囲を回ることとしました。


上尾筒が白いのでハイイロチュウヒと思い込んでいましたが、大陸型チュウヒだろうとのご指摘を受けました。改めて図鑑とにらめっこ。風切の横帯がないのでチュウヒと確認しました。ハイイロチュウヒは今後に期待です。(今期は?かな。)

しばらく見ていたのですが近くには来てくれません。昨日よりは近かったのですが、それでも遠いのでトリミングしています。ここでは、別のチュウヒ、ミサゴ4羽、ケアシノスリを見ることができました。

haiirityuhi080224_1.jpg

haiirityuhi080224_2.jpg
スポンサーサイト

ポイントが変わっていました。タゲリ

いつものポイントにはタゲリがいなくて、別の場所で群れを見つけました。
わかりますか?アルビノのタゲリが映っています。発見者、撮影者ともに神さんです。
無事でいてくれて一安心です。雪があればアルビノのタゲリは天敵に襲われにくいでしょうね。

tageri080224.jpg


強風でした

天気が良ければベニマシコでも見に行こうかと思っていましたが、朝から雨、しかも強風。午後からは雪交じりとなりました。
そのため、ワンコと家の中で遊んでいたのですが、2時過ぎに金沢まで買い物に行き、河北潟を通ってみました。

風が強く、車の窓も開けるのは躊躇するほど。鳥探しはほどほどに河北潟は通り過ぎただけ。


土手の陰になって若干風が当たらない湖面のこちら側に集まっています。マガモ、オナガガモ、ヒドリガモ、コガモの混在です。

kahokugata080223.jpg

遠かったです。ハイイロチュウヒ

遠くにノスリでもトビでもなさそうな鳥が飛んでいました。チュウヒかなとも思い、1ショットしたものをPCで見たらハイイロチュウヒの雌のようです。以前にもっと近くで見ていた時は写真が撮れませんでしたが、今回、撮るには撮れました。(次には近くで撮れたらいいんですが。)

追記:上尾筒が白いのでハイイイロチュウヒと思いましたが、後日に同体と思われるチュウヒがいましたので、これはチュウヒと思われます。

haiirityuhi080223.jpg

初めてです。フクロウ

今日は友人夫妻を誘って探鳥会へ参加しました。雪のため駐車場で手こずりましたが結果は満足。
ホオジロガモ、カワガラスを始めとしてベニマシコ、アトリの群れやイカルチドリなど45種も堪能。初めて双眼鏡を持った友人夫妻もご近所の鳥見に感激していました。

帰りに河北潟を通ったのは恒例です。


ノスリではないな~、コミミズクかな。それなら嬉しいと思って双眼鏡を覗くと、どう見てもフクロウ。
向こうを向いていましたが、そのうちこちらを向いてくれました。(枝被りは残念です。)
フクロウは、鳥見先輩の方から「不苦労」とか「福郎」とも言うとのことと聞きました。今年は良いことがあるかも。

fukurou080217_1.jpg


フクロウの横顔って、木彫り人形にしやすそうですね。

fukurou080217_15.jpg


ファインダーを覗いていると、突然に飛び出してしまいました。ノスリに追い出されたようです。

fukurou080217_2.jpg


練習。ヒヨドリ

なかなか髪を切りに行けなかったので、今日の最優先は散髪でした。
雪が降っているので、家でワンコと遊んでいるつもりが、ヒヨドリを撮っていた神さんと目があったら行くことになりました。

ミサゴをよく見ました。ダイブして魚をGETしていましたが写真は撮れませんでした。雪が降っているのと暗かったせいもあります。今日は近くに鳥が現れず、神さんの練習にはあまりならなかった。


庭にきたヒヨドリです。今回は神さんのショット。まともに写真となったのはこのくらいかな。

hiyodori080216.jpg

幼鳥。オオハクチョウ

河北潟から帰宅する時には居なかったのですが、ゴル子の散歩時には20羽と27羽のコハクチョウの群れが帰ってきていました。
少し大きな子がいるので、一旦帰ってから双眼鏡とカメラを持ち出して再確認。
オオハクチョウの幼鳥ですね。6時近くになっておりISO1600でも被写体ブレです。

oohakutyou080216.jpg

コハクチョウに隠れて。ヒシクイ

今日は探鳥会へ参加しました。
その帰り、ゴル子がボロボロにした畳の上にカーペットを敷こうと思い、家具屋さんへ寄り道。定番のカーペットを無料でカットしてくれるというので、しっかり測ってこようと思い注文はこの次に。

帰りに河北潟を通ってきました。今日は夢太郎さんの情報をベースにコハクチョウ&ヒシクイ&マガン探しが主題でした。
ヒシクイには会えましたが、マガンの群れは空振り。また探すしかないですね。


いましたよ、コハクチョウに混じって、と言うより隠れて、ヒシクイが。

hisikui080210_1.jpg


突然、ヒシクイ達は飛び去りました。こちらが気になったのでしょうね。でも、コハクチョウは悠々たるものです。ハヤブサとミサゴ2羽が一羽毎に電信柱の天辺に居たのが見えました。

hisikui080210_2.jpg

群れです。ミヤマガラス

ミヤマガラスの群れがいました。
私はこちらから、神さんはあちらから、とコクマルガラスが混じっていないか探しました。
いませんでした。昨年11月に見た白黒のコクマルガラスは来年までお預けになりそうです。

miyamagarasu080210_1.jpg


脇の羽が白いカラスがいました。飛んでいる時はかなり目立ちます。こちらはハシボソガラスみたいです。このようなのは時々いるんでしょうか。

miyamagarasu080210_2.jpg

河北潟ではありませんが。シノリガモ

「ミヤコドリが居たよ」と聞いたので、今日はミヤコドリを見に行くことに決定。
ワンコの散歩などしていたら、やはり家を出るのが遅くなってしまいました。

ミヤコドリは空振り。ウミウ、ヒメウ、ウミアイサを見ていたら、重そうな飛び方をした鳥が海に飛び込みました。シノリガモです。
「家を遅く出ても、良いことあるね。」と神さん。

この後、コクガンのリベンジに富山県へ。


少し遠かったです。スコープのレンズに付いた雨を拭きながら何とか撮れた写真です。

shinorigamo080209.jpg

河北潟ではありませんが。クロサギ

峠を越える時には雪となりましたが、現地では雨。この雨の中コクガンを探しましたが、これも空振り。
しばらくすると、黒い鳥が目の前を飛んで行きました。

「今日は代替えデーだね。」


カメラが雨に当たらないようにしながら撮りました。もう少し近づこうとしたとたん、さよならされてしまいました。

kurosagi080209.jpg

アルビノのタゲリ

チワワンとゴル子の違い、大きさはもちろんですが。
散歩の時、チワワンは水たまりを避ける。ゴル子は構わずバチャバチャと真っ直ぐ突き進む。
足は汚れるのはもちろんですが、お腹が泥だらけ。

仕方がないので、ゴル子の合羽を買いに行きました。

アルビノのタゲリが今日もいました。来週も会えればいいのですが。

tageri080203.jpg

ワンコの散歩で。ケリ

神さんカメラを持ってゴル子の散歩に行って来ました。

すぐ近くの田んぼにタシギ、国道沿いではキジ、宇野気川近くではケリ、カワウ、ミサゴなどなど。コハクチョウは10羽でしたがマガンはいませんでした。夢太郎さんの情報でマガンがかほく市方向へ帰っているとの情報で期待したのですが、場所が違うのかな。

この後、コクガンを見るために富山県まで。久しぶりです車で富山県へ行くのは。
結果は空振り、場所を間違えたのかな?


ケリはこの場所に留まっています。今日も10数羽を飛ばしてしまいました。

keri080202.jpg

カレンダー

01月 <<2008年02月>> 03月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

カテゴリー

プロフィール

  • Author:vivi_kota
  • 石川県の河北潟
    夫婦で
    バードウォッチングしています。

ブログ検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。