秋が深まって来ました。スズガモ

探鳥会の「タカの渡り」を見に行くつもりでしたが、朝から雨。ワンコ達もなかなかウ○チをしないのと合わせて、断念しました。

その代りに、昨日に続き河北潟へ行くことにしました。雨の中、しっかり回ったのですがあまり収穫はなし。いつもはトビが空高く飛んでいるはずですが、電信柱でお休みでした。

中央排水路では、コガモ達と少し離れてスズガモが2羽。ますます秋の気配が深まってきました。

スズガモ
スポンサーサイト

タシギがたくさんいました

河北潟へ入ってすぐシギを見に行ったところ、タシギが10羽程度とアオアシシギと思われるしぎが数羽いました。アオアシシギと思われるシギは雨のため判別できる写真が撮れませんでした。(まだ、シギを特定する力はありません。写真頼りですが......)
帰り際にもよってみたのですが、タシギが少し残っているようでした。

タシギ

タシギ

ハヤブサがシギを蹴散らしました

中秋の名月は25日だったのですが、満月は27日とのこと。比べてみました。
本当に満月は27日のようです。

フェンスの見積りを別の業者に頼みました。その帰りに河北潟を通ったのはいつもの通りです。

アオアシシギ、ツルシギやセイタカシギがいるなぁ...と見ていたら、ハヤブサがやってきて急降下。


結果は空振り。シギ達は蜘蛛の子を散らすように逃げて行きました。
ハヤブサはしばらく近くの電柱で名残惜しそうにシギ達がいた所をジッと見ていました。
この子は図鑑で見ると若鳥みたいです。まだ、狩猟の腕は上達していないのかな。

ハヤブサ

イソヒヨドリがいるなんて

ミサゴを見た後、帰ろうとしたところ黒っぽい子が現れたのでシャッターを切りました。薄暗くなっていたのでこの時はわかりませんでした。PCで見るとイソヒヨドリ♀のようです。
イソヒヨドリは海岸で時々見ますが、こんな所に現れるとは思ってもいませんでした。少し驚き。

isohiyodori070929.jpg

コガモ

家の生け垣が枯れてしまい、フェンスの見積もりを業者にお願いに金沢へ。

帰りに河北潟を通ってきました。時間は短かったのですが、シギを見ることができました。

中央排水路にはコガモが50羽位の群れが2つ、20羽位の群れが1つと、突然増えました。いよいよ冬鳥の季節になってきました。


コガモが一杯います。昼間はここで休み、夜になると近くの田んぼへ行くのでしょうね。

kogamo070917.jpg

冬を連れて来て..いないよ。コガモ

今日は秋祭り。獅子とこれを退治する寸劇を各戸を回って行います。
なかなか素朴でいいものです。

獅子舞がご近所を回り終わったので河北潟へ行ってきました。

ツバメは少なくなり、、ホオアカの声も聞こえません。確実に季節は変わっているのに、暑い日でした。

カルガモに交じってコガモが6~7羽いました。今季は初見です。
33度を超えたこの暑い日にコガモを見るとは。とても冬が近いなんて思えない...その前に秋ですね。

kogamo070916.jpg

今日の"ダーウィンが来た!では主人公でしたね。チョウゲンボウ

「今日の「ダーウィンが来た! 鳥の長屋は大にぎわい 鎮守の森」ではチョウゲンボウが主役でしたね。
河北潟には鎮守の森はありませんが、チョウゲンボウはいます。

雌がホバリングをしては電線に止まることを繰り返していました。
雄は以前に会いました。

chougenbou0709161.jpg

ホバリングでは、こちらを向いてくれませんでした。

chougenbou0709162.jpg




タシギの証拠写真ですね

何羽かのシギを見ましたが、悲しいかな名前を特定できませんでした。(飛んで行ってしまいました。)
代わりではないですが、ジッとしているタシギを発見。5~6枚撮ったのですが、全てピンボケです。カメラの設定を見たらAFが至近優先でした。以前に設定したのでしょうね。ガッカリです。(こんな時、”こんな機能はいらない”って叫びたくなります。)

でも、この暑かった日に、タシギを見たのです。

tashigi070916.jpg

キジの親子

今日は探鳥会でした。いつもの休日より少し早起きです。と言っても、我が家の休日はかなり遅いので一般の家庭の尺度とは違ってます。
(もちろん、ワンコも寝てます。こちらが起きてからしばらくして顔を出します。ご飯くれ!)

帰りに河北潟を通って、鳥見をしました。あれほど会えたアマサギには会えません。もういなくなったのか?でも、かわりにオオバンを見ることができました。確実に季節は変わっています。
シギもいつものポイントでは1羽も見かけません。まだいなくなるのは早いはずと思っていたら、ハヤブサが右から左へ飛び抜けていきました。この子のせいなのか?<今日見た鳥>


キジの親子がすぐ近くで顔を出してくれました。いつもならさっさと草むらへ入り込んでしまうのですが、今日は違います。???と思っていたら、道路の反対側に子キジが顔を出しています。この子を待っていたのだと勝手に解釈しました。

kiji070909_20071201015017.jpg

イソシギ

カルガモに交じってカイツブリの幼鳥がいるなぁ、と双眼鏡で見ていたら、横にイソシギがいました。
「いそしぎ」という映画を昔見ました。テーマ曲はかなり流行ったと記憶しています。この映画の影響か、イソシギは海にしかいないものとの思いが抜けきれません。(ここは海ではないのです。)

isoshigi070909.jpg

若鳥。オオタカ

今日は探鳥会。我が家から40分くらいの海岸へ行ってきました。普通の車でも走れる千里浜ドライブウェーを通って行ったのですが、ここでは釣人、あさりを採っている親子がたくさんいて、シギは1羽もいませんでした。おかげで、目的地に早く着きすぎ。

岩に上にテンコ盛りのトウネンやオバシギ、キアシシギ、イソシギ‥など、多くありませんでしたが、それなりに楽しみました。でも、ここのトウネンは人間慣れしているのか、かなり近づいても逃げません。河北潟ではとても寄れない距離でも、餌探しです。

一旦、家によってから金沢へ。山の中で自動システムによる動物をフィルムカメラで撮っておられる方のお話を聞いてきました。スライドで見たテン、アナグマ、本土イタチ、サル‥奇麗でした。これを見ると、まだデジカメはリバーサルフィルムに届いていないなと思ってしまいます。

帰りに河北潟を通ってきました。 今日の目玉はオオタカです。以前に、畑にたたずんでいた所をてトビと思って飛ばしてしまったこともありましたが、今日は1ショットですが撮れました。功労者は発見者であるカミさん。


オオタカが電柱に。数ショット撮ったところで軽ボンゴが来て、カメラを引き込んだ所で飛ばれてしまいました。電柱からの飛翔、滑空を撮ろうと思っていましたが、再びカメラを構えた時には樹木の影に消えていました。残念。でも、この横顔似ていませんか。エイリアンに。

tyuhi070902.jpg
以前にはチュウヒと勘違いしていました。ネットで似た感じの子がいたためです。チュウヒの顔がわかってきて見直しました。

トウネンって可愛い

今日はゴル子の訓練日。相変わらず訓練士さんにはベタベタ甘える。飼い主は眼中にない。

散歩の躾は完ぺきではないが何とかなっているよう。訓練士さんから、この調子躾ければ良いと卒業を言い渡された。ゴル子の訓練と言うよりは、飼い主の訓練が終了です。

この後、一休みして河北潟へ。今まで必ず会えたアマサギがいない。カルガモも田んぼでは見かけなくなり、飛んでいる一群を見ただけでした。ツバメも心なしか少なくなっているようです。なんとなく季節が変わっていると感じる日でした。


トウネンの群れとタカブシギが1羽いました。写真を撮ると、なんとなく可愛らしい。トウネンってこんな雰囲気もあるんだ。

tounen070901.jpg

カレンダー

08月 <<2007年09月>> 10月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

カテゴリー

プロフィール

  • Author:vivi_kota
  • 石川県の河北潟
    夫婦で
    バードウォッチングしています。

ブログ検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。