セイタカシギ

帰宅してすぐ、一昨日に見たセイタカシギがまだいるか確認してきました。時間は18時過ぎ、18時半過ぎには帰宅してチワワンとゴル子の散歩に。


いてくれました。良かった!来た甲斐がありました。やっぱりトリミングしています。

seitakashigi070821.jpg
スポンサーサイト

セイタカシギ

昨日、ホウロクシギがいたと教えていただいた場所へ行ってみました。とても暑くて、カミさんは早々にギブアップ、長居はできませんでした。結果は空振り。残念。

帰りに河北潟を通ってきました。ワンコの散歩時間が迫っていたので、素通りのつもりが会ってしまったのです。セイタカシギに。きれいな子でした


チュウヒもそうですが、セイタカシギを見ると嬉しくなります。少し遠かったです。トリミングしなくてもいいショットを撮りたいものです。

seitakasigi0708191.jpg

足がきれいですね。この足で餌を取るのは結構しんどいのかな。(そんなはずないか)

seitakasigi0708192.jpg

草刈り戦車

今日は探鳥会が河北潟でありました。通常の探鳥会ではなく、ツバメの塒入りを見るためのものでした。
集合は18時。19時少し前からツバメの塒入りが始まりました。この規模は8月13日より遥かに大きく、終了時間も少し遅かったようです。

探鳥会の前に簡単に河北潟を回ってきました。アオサギを良く見るので、数えてみました。23羽、重複はしていないつもりです。これは多いと思うのですが、他の場所と比べてどうなんでしょうか。
その後、一旦帰宅してワンコにおやつと庭に水撒きをして探鳥会へ参加。スプリンクラーの栓を閉め忘れたままでした


中央排水路の対岸で、草刈りをしていました。肩掛けの草刈り機と較べると、キャタピラーは付いてるし、小型戦車ですね。(無線でコントロールしていました。一旦バックして、次の刈り込みに取り掛かる所です。)

kahokugata070818.jpg

ゴイサギ

探鳥会の集合場所の対岸にゴイサギがいました。成鳥2羽と幼鳥4羽です。(遠いのと夕刻に近いため、奇麗に撮れず残念。トリミングしています。)

goisagi0708181.jpg

ゴイサギの幼鳥です。かなり真剣に水面を見つめていました。まだ採餌が上手にできないのでしょうか。

goisagi0708182.jpg

タシギ

今日はいつもより早く帰宅しました。まだ、早いので残暑が厳しくワンコの散歩には早いなぁと思っていたら、この前見たシギが気になってきたので6時過ぎに河北潟へ行ってきました。

遠くにシギ3羽を確認したのですが、証拠写真にもなりそうもないレベル。そんな中、重そうな飛び方をした別の1羽がいました。なんだろうと双眼鏡で見るとタシギでした。

6時半頃には帰宅して、ワンコの散歩に行ったのは当然のことです。


着地した辺りを結構探しました。タシギが枯草の中にいるとわからないものですね。動いてくれたので、グリーンが背景になり発見した次第です。

tashigi070817.jpg

アマサギ

連休の最後の日、睡蓮鉢の掃除をしました。金魚が1匹になっていたので、もう1匹いないと可哀そうかと思い、金魚を飼いにホームセンターへ行ったのですが、気に入った子がいませんでした。

この往復に河北潟を通るのは定例になってきました。時間は6時頃、西日が眩しかった。帰りにシギを見かけたのですが、残念なことに、暗くて写真が撮れませんでした。(その場で判別する技は持っていません。)


中央排水路の道にアマサギがいるではありませんか。バッタを啄んでいたのですが、かなり近くによっても逃げませんでした。

amasagi070815.jpg

ツバメの塒入り

今日はゴルフです。ペットボトルの水を飲みながら、サウナへ行ったより汗をかいた一日でした。

家に帰ってから、昼寝、ワンコの散歩を終えてから河北潟へちょっと行ってきました。


薄暗くなると、どこからともなくツバメが集まってきます。石川県では3ヶ所くらいツバメの塒(ねぐら)入りが見られるそうですが、ここ河北潟には金沢近郊のツバメが集まってくるそうです。

tubame0708131.jpg

このようなヨシなどが生えている場所に、何万羽のツバメが潮が引くように消えてしまいます。ツバメの塒入りはあっという間に終わってしまいますが、この場面はかなり圧巻です。

tubame0708132.jpg

クサシギ

今日は探鳥会でした。我が家にとって朝6時集合は結構きつい時間です。探鳥会が終了してから帰宅し、ワンコのご飯。これでもいつもの時間です。

一休みしてから、チワワンの1匹をお医者さんへ連れて行きました。その帰り道でもある干拓地の中央排水路沿いを通りながら少しだけ鳥見となりました。
シギを見かけたので写真を撮ってそのまま帰路を進み、帰宅してから図鑑でクサシギとわかりました。

kusasigi070812.jpg

木の上のアマサギ

中央排水路沿いに帰宅中、アマサギの群れが木の上に集合していました。今までは田んぼや畑地でしか見たことがないので、新鮮な驚きです。アマサギの群れはどうも2~3群いるみたいで、必ず見ることができるポイントとは別に、色々な場所に別の群れが現れるようです。

amasagi070812.jpg

チュウサギ

あまり暑いので、ゴル子の訓練は中止。毛皮のコートを着たまま訓練は、無理でしょうね。再開は9月としました。

で、クーラーを効かせてワンコとゴロゴロしてたのですが、午後2時頃にすることもないので河北潟へ。
今日は、カンムリカイツブリ、カルガモやバンの子連れを見ることができました。でも、遠かったり、すぐに隠れたりのため、写真に撮れたのはバンだけでした。


干拓地では、チュウサギがすぐ近くに来てくれました。餌を取るのに一生懸命で、こちらは無視してくれたようです。奇麗な子です。

tyusagi0708111.jpg

こんな調子で、一心不乱に餌を探しては、GETしていました。

tyusagi0708112.jpg しばらくしてから、少し離れてくれたので全身像もとることができました。 tyusagi0708113.jpg

バンの親子

コソコソ隠れる子がいたので近寄ってみると、バンの幼鳥でした。ここまで近くで見れたのはラッキーでした。

ban0708111.jpg

いました、いました、親が。他の2羽の子供と一緒です。子どもたちは、何か音がするとすぐ隠れてしまします。その点、親は子供たちの安全と、状況を見ているのか、簡単には隠れません。子供がいると頑張るのですね。いつもはすぐに隠れてしまうのですが。

ban0708112.jpg

牛とアマサギ

先週の土曜日はゴル子の訓練とチワワンの通院で、日曜日は朝から晩まで庭の雑草抜き。河北潟へ行けませんでしたでした。

今日は2時から4時まで河北潟をうろつきました。鳥の種類は少なかったのですが、牛にまとわりつくアマサギやカンムリカイツブリの親子、20羽以上のコチドリ、ダイサギ、アオサギなども見ることができました。


今年も見ることができました。牛にまとわりつくアマサギ。昨年の方が感動的でしたが、見ることができて嬉しかったです。

amasagi070804_1.jpg

「フィールドガイド 日本の野鳥」では、”牛や馬の追い出すカエルやバッタをとる”とありましたが、直接に牛についている何かをついばんでいるようでした。

amasagi070804_2.jpg

カンムリカイツブリの親子

小さな2羽を従えていたのでカンムリカイツブリのペアかと思ったのですが、カンムリカイツブリは雌雄同色とのことであり、1羽は幼鳥でした。でも、この子は大きいなぁ!

kanmurikaituburi070804_1.jpg

上の2羽に置いて行かれたのですが、ピイピイ泣いていると、親が戻ってきました。1羽はかなり甘ったれみたいですね。もう1羽はかなり自律しているみたいです。この子供たちは、上の子供より一回り小さかったです。

kanmurikaituburi070804_2.jpg

子供を優しく見守る母親みたいだと思いませんか?これを見て、この親は母親だと勝手に決めてしまいました。

kanmurikaituburi070804_3.jpg

母親を先頭に仲良く戻って行きます。子供たちはピイピイ泣きっぱなしでした。でも、結構水に潜っていました。

kanmurikaituburi070804_4.jpg

体の大きな子は、1羽で家族が戻るのを待っていました。カンムリカイツブリの幼鳥って、変わった色合いの羽毛ですね。

kanmurikaituburi070804_5.jpg

「フィールドノート 日本の野鳥」では、”カンムリカイツブリは青森県の湖沼で少数繁殖する”とありますが、石川県での繁殖は珍しいのでしょうか?

<2007.08.06> 野鳥の会の方に確認したところ、河北潟では2000年に繁殖が初確認されたそうです。この時はかなりセンセーショナルな扱いだったようです。この後、毎年複数の繁殖が確認されているとのことでした。

カレンダー

07月 <<2007年08月>> 09月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

カテゴリー

プロフィール

  • Author:vivi_kota
  • 石川県の河北潟
    夫婦で
    バードウォッチングしています。

ブログ検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。