春です

昨日の土曜日は、犬のトレーナーに来ていただいて、ゴル子4ヶ月のしつけ教育です。あれほど困っていた甘噛みと飛び付きがすっかり影を潜めてしまいました。今後は再発した場合に教えていただいたことを繰り返して身に付けることになります。

この後、近所の子供が5~6人遊びに来てゴル子と遊んでいる脇で、芝の雑草取り。5月の連休には芝の目土入れをやらねば。あと、生垣の手入れ、猫の額の家庭菜園、ゴルフと、連休はどこにも行けそうにに無い。

今日は、昼頃に1時間ほど河北潟に行ってきました。カミさんと一緒です(大抵一緒にいきますが)。
中央排水路の鴨は数が減っていました。先週の半分くらいでしょう。先週まで見たタゲリは見ることは出来ませんでした。よく見たのが、キジの雄、ケリです。

干拓地内の田んぼ巡りが今日のメインテーマでした。セイタカシギを見ることは出来ませんでしたが、コチドリ、タカブシギ、ムナグロとタシギを発見。いつもは、テーマなんぞあった事は無いのですが。
雨が降ってきたので、帰途に着くとチュウヒが飛んでいました。河北潟でチュウヒを見ると何か嬉しくなります。

この後、河北潟水質浄化連絡協議会(すみません。どのような団体かは知りません。)が作成した「河北潟と河北潟周辺の鳥たち」のDVDが届いたとの連絡が河北市立図書館からあり、借りてきました。北国新聞にTV放映と、かほく市、津幡町や内灘町でDVDを貸し出すとの記事を見てカミさんが予約したのでした。

かほく市の日本鳥類標識協会の中川富男さんが監修されたようです。山の鳥は少ないが、河北潟では150種の野鳥を見ることが出来る野鳥の宝庫との事。私はまだ1/3も見ていないようです。


すっかり春ですね。ひまわり園ではチューリップ狩に家族連れがたくさんいました。中央排水路でも草が伸びて、背の低い私の車では水面が見えなくなりそうです。来週からは背の高いカミさんの車にするかな。

kahokugata070422.jpg

チュウヒ

「河北潟と河北潟周辺の鳥たち」の中で日本鳥類識別協会の中川さんが、チュウヒは全国で45ペアしかいないと言われてました。このような鳥が住んでいる河北潟の貴重さを改めて感じます。


雨の中で、少し遠かったのですがチュウヒをまた撮ることができました。やっぱりもう少し大きな姿で撮りたいものです。

tyuhi070422.jpg

カレンダー

03月 <<2007年04月>> 05月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

カテゴリー

プロフィール

  • Author:vivi_kota
  • 石川県の河北潟
    夫婦で
    バードウォッチングしています。

ブログ検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

QRコード

QR